【J1採点&寸評】G大阪1-3浦和|5戦連続弾の助っ人FWがMOM!組織的なプレスがハマった浦和は軒並み高評価に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月20日

浦和――槙野とデンは上々のコンビネーション

【警告】G大阪=東口(89分) 浦和=杉本(89分)
【退場】G大阪=なし 浦和=なし
【MAN OF THE MATCH】レオナルド(浦和)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 7

前節の広島戦とは異なる攻撃的な守備で狙い通りの得点。全員のハードワークがもたらした勝利だ。

【浦和|チーム採点・寸評】 
GK
1 西川周作 6.5

東口との元代表対決で完勝。1失点はしたが、井手口を褒めるべきで、試合を通じて安定していた。

DF
27 橋岡大樹 6

守備に軸足を置いたが、守りでは破綻を許さず、押し込まれた後半も速さと強さで対抗した。先制点の起点にもなった。

20 トーマス・デン 6.5
槙野とのコンビも上々で、終盤の相手のパワープレーもことごとく弾き返し、守備で大崩れはなかった。また常に縦を狙う意識も良かった。
 
5 槙野智章 6
前半寄せの甘い場面もあったが、要所の締め方を知るあたりはさすが。リーダーシップも発揮し、チームを引き締めた。

3 宇賀神友弥 6
泥臭くても絶対にやらせないという姿勢が奏功。前半はミスもあったが、後半は盛り返した。

MF
41 関根貴大 6.5(64分OUT)

小野瀬に一歩も引くことなく、嫌な動きを意識。見事な先制点で一気にチームを勇気付けた。

8 エヴェルトン 6.5(67分OUT)
要所を潰す強さとセカンドボールの回収力で中盤支える。青木とのバランスも非常に良かった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ