【G大阪】遠藤保仁は“レッズ戦完敗”をどう受け止めたのか。「自分たちがなにをしたいのかを…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月20日

「中から攻撃する機会を増やさないといけない」

途中出場が続いている遠藤。G大阪攻撃陣の“アイデア不足”を指摘する。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ第11節]G大阪 1-3 浦和/8月19日/パナスタ

 1-3というスコアからは推し量れない完敗だった。

【動画】井手口のスーパーゴラッソも実らず…G大阪vs浦和戦のショートハイライトはこちら!

 ガンバ大阪は水曜日、本拠地に“宿敵”浦和レッズを迎えてJ1リーグ第11節を戦った。序盤から小気味良いショートカウンターを炸裂させて敵を押し込み、井手口陽介や宇佐美貴史が立て続けに好機を掴んだが、相手GK西川周作のファインセーブなどもあって得点には至らない。

 すると徐々に浦和の激しいプレッシングの餌食となり、ポジティブ・トランジション(守→攻の切り替え)でミスが増えはじめる。24分、三浦弦太のパスミスから最後は関根貴大に先制点を決められ、34分には藤春廣輝のハンドでPKを献上して、レオナルドに2点差とされた。

 良いところなく前半を終えると、宮本恒靖監督は後半頭から遠藤保仁とアデミウソンをダブル投入して、3-1-4-2から4-4-2にシステムを変更する。攻撃に枚数を掛けるアグレッシブな采配に打って出たが、57分にまたしてもミスが絡んで決定的な3点目をねじ込まれてしまう。直後に井手口がCKからスーパーミドルを叩き込んだが、反撃もここまで。パトリックを軸としたパワープレーも実らず、チームアタックは浦和の狡猾なディフェンス網を打破できずに敗れ去った。
 
 試合後、リモート会見に登場した遠藤がゲームのインプレッションを明かした。0-2で折り返したハーフタイムには「ビルドアップの部分では大きな問題はなかった」と感じていたという。そして「リードされてたんでフォーメーションも変わった。やっぱり、相手のエリアに入ったときにアイデアが欲しいと感じていて、バイタルエリアで(自分が)ボールに触る回数を増やせば、相手の守備ラインは崩れると思っていた」と続けた。

 だが、依然として浦和の選手たちの鋭い出足に四苦八苦し、なかなか効果的にボールを前に運べない。失点はすべてG大阪DF陣のミスから生まれたが、攻撃の閉塞感がもたらした産物とも言える。

 この点について遠藤は「今日の試合に限らず、相手のエリアの近くでもっとアイデアを出さないといけない」とキッパリ。「スルーパスを出してのゴールとか、ワンツーからのゴールとか今年はあまりない。そういうプレーが増えれば相手も嫌だろうし、サイドの選手がよりフリーになる可能性もある。中から攻撃する機会を増やさないといけない」と、神妙な面持ちで提唱した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ