柿谷曜一朗が挙げる天才たち「イニエスタと小野さんは別格として、1位は…」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月29日

「パッと反射的に身体が動く感じ。頭で深くは考えていない」

柿谷自身も発想力に定評がある。「いろんな視点で状況を見た時に、パッと反射的に身体が動く」という。写真:滝川敏之

画像を見る

――その姿勢がセンスにつながっているのですね。

「んー、それは正直分かりません。単純に人が敷いたレールを走るのが嫌やっただけです。ほら学校の授業って全員同じ教科書が配られるでしょ。でもそれを勉強していてもみんなと同じことしかできひん。それなら別に参考書を買って、そっちを極めたほうが面白い。他の人とは違う道で『俺はもっと凄いんやで』って見せつけられるなと。先生の話を素直に聞くのも大切やけど、勉強の仕方は自由。だからサッカーだってセオリー通りに動くだけじゃなく、もっと思うがままにやってええんちゃうかなって。そんな感覚です。まあそうやって生きてきたから、今でも普通のプレーをわざと難しくする癖はありますけどね(笑)。センスとは違うかもしれないけど、自由な発想は培えたのかもしれません」

――『自由な発想』とは、セオリー通りの選択肢とは別に、自分なりのアイデアがあるというイメージなのでしょうか?

「僕の場合、選択肢自体は全然ないんですよ。漫画とかゲームとかでよくあるじゃないですか。5つくらい選択肢が思い浮かんで、その中からひとつを選ぶみたいな。そんな思考は持ち合わせていないです。相手の寄せるスピード、味方の位置、ボールの回転とか、いろんな視点で状況を見た時に、パッと反射的に身体が動く感じ。頭で深くは考えていないです」

――それは、つまり感覚でやっているわけですよね。やっぱり天才じゃないですか!!

「ありがとうございます(笑) でも僕はどちらかと言えば身体能力に任せている感じです。スピードで相手を振り切るとか。イニエスタや小野さんみたいな“本物”とは、発想のレベルが違うというか」
 
――発想のレベル?

「あのふたりは『うわ、今のめっちゃ上手いやん』って唸るプレーの連続じゃないですか。驚くようなプレーを生み出す数が半端じゃない。僕は全然その域ではないです」

――ただ他の選手は柿谷選手のプレーに、多くの驚きを感じているはずですよ。今年6月に発売された「サッカーダイジェスト」で行なった、現役Jリーガーへの『天才番付』アンケート企画では4位。「意外性」「アイデア」「発想」を評価するコメントが多く寄せられています。

「おお!! ほんまですか。それは嬉しいです」

――こちらが選出理由のリストです。気になるものはありますか?

「(リストをじっくり見ながら)井手口(陽介)くんの『サッカーを楽しんでいる』というコメントは嬉しいですね。やっぱりそれが僕の取り柄なので」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ