• トップ
  • ニュース一覧
  • 【新連載・東京2020】小川航基/後編「エース候補が抱く東京五輪への想い…強まるのは危機感」

【新連載・東京2020】小川航基/後編「エース候補が抱く東京五輪への想い…強まるのは危機感」

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年04月15日

「とにかく早く試合に出て、A代表に上り詰めたい」

当然代表入りには森保監督へのアピールは必須。そのためにまずは磐田で出番を勝ち取りたい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――同じ年代と争う大学と違って、プロではいろいろな年代の人との競争になります。吸収できるものは多いはずです。
 
「それは間違いありません。国内でトップクラスの選手と、日頃から練習や試合をやることで成長につながります」
 
――目標にしている選手はいますか?
 
「今は大迫(勇也)選手を参考にしています」
 
――A代表では、怪我(背中痛)をしている大迫選手の代役が見つからないと言われています。やはり燃えるものも?
 
「そうですね。大迫選手を脅かす選手がいない状況で、やっぱり自分がやらないといけないという気持ちはすごくあります。早くA代表に飛び込んでいきたいです」
 
――そのためにも東京五輪での活躍が大事になります。東京五輪後のビジョンはどう考えていますか?
 
「特に東京五輪の後というのは考えていません。むしろ東京五輪の前でいい。とにかく早く試合に出て、A代表に上り詰めたいんです」
 
――プロキャリアは思い描いた通りに進んでいますか?
 
「全然、理想通りではないです。プロ1年目からバリバリ点を取るつもりだったのに、そこからもう出端を挫かれたというか……プロの洗礼を浴びました。やはりレベルが高いなと」
 
――描いていたレールに戻るためには?
 
「腐らずにやるしかない。ポジション争いはどこにでもあって、力のない選手が落とされるのがプロの世界です。どんなに厳しい状況でも準備は怠らないようにしないと」
 
――チームで結果を残せば、再び森保監督の目に止まるはずです。
 
「僕はこれまで森保監督の下で1回もやっていないんです。僕が呼ばれた時はいつも横内(昭展)さん(ヘッドコーチ)が代行で監督をやっていて……。だから次、代表に招集された時にインパクトを残せるように、常に気は抜けません。1回1回の活動が大事になりますから」

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

(了)
【関連記事】
【新連載・東京2020】小川航基/前編「怪物FW誕生秘話。名門校で頭角を現わすまでの道程」
【新連載・東京2020】小川航基/中編「何度でも這い上がる――U-20W杯で負った大怪我を乗り越えて」
鹿島の名スカウトが語る上田綺世の魅力。「教えられない」と明かした唯一無二の武器は?
【U-22代表】勝利に導く“決め切る力”。久保建英がミャンマーの地で成長示す2得点
【U-22代表】東京五輪世代のFW争いが面白い!前田大然が示したFWとしての矜持

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ