【J1採点&寸評】C大阪1-0神戸|新戦力が続々登場!ビジャ、山口、都倉らの出来は?

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年02月22日

神戸――攻守のバランスを整えた山口は、不可欠な存在だった

【警告】C大阪=丸橋(51分)、M・ヨニッチ(81分) 神戸=なし
【退場】C大阪=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】山下達也(C大阪)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
神戸 5.5

リージョ流のポゼッションスタイルは確実に浸透している印象で、ビジャとポドルスキの推進力を活かしたサイドアタックは実に強力だった。しかし最後までC大阪の堅牢なブロックを崩せず。フィニッシュの面で課題が残った。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 5.5

昨季終盤に前川に譲った正GKの座を奪い返し、開幕スタメンに返り咲く。前半はうまくシュートを捌いていたものの、77分のCKは弾き返せず失点を喫した。
 
DF
3 渡部博文 5

トラップやクリアの他、ふいに相手のマークを外すなど些細なミスが散見。大きな失態はしていないものの、安定感に欠けた。
 
19 初瀬 亮 5.5
タイミング良くオーバラップを仕掛けて攻撃を活性化。ただし失点シーンで山下に競り負けた点は、減点せざるを得ない。
 
22 西 大伍 6
戦況を冷静に見定める落ち着きぶりが素晴らしい。すでにポドルスキと良好な関係を築き、バランスを見ながら的確なポジショニングを取った。75分のヘディングを決めていればヒーローだったが……。
 
25 大﨑玲央 5.5

球際ではほとんど負け知らずで、カバーリングもまずまずこなした。ただし柿谷に背後を突かれる場面が何度か見られ、ピンチにも関与。
 

MF
5 山口 蛍 6.5

ユースから在籍した古巣戦で先発出場すると、強力な3トップの後ろに位置取り、万全なサポート体制を敷く。攻守のバランスを整え、ポゼッションスタイルを機能させるうえで不可欠な存在となった。
 
14 三田啓貴 5.5

イニエスタとビジャに合わせながらも前線に飛び出していき、果敢にゴールを目指した。欲を言えば、もっとミドルシュートを狙っても良かった。
 
24 三原雅俊 6(72分OUT)
昨年任されていた右SBではなく、本来の主戦場であるボランチ(アンカー)で出場。スペースを瞬時に埋めてピンチの芽を摘んでいた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ