「VARがあったらハンドだな」「故意ではないと思うけど…」J1開幕戦、C大阪の決勝点にファン騒然

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月22日

リプレー映像では腕に当たっているようにも…

粘り強く戦い、セットプレーで決勝点をモノにしたC大阪が白星スタートを切った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグの開幕戦が2月22日、ヤンマースタジアム長居で行なわれ、ホームのセレッソ大阪が、ヴィッセル神戸を1-0で下した。

 この試合で話題に上っているのが、決勝点になった山下達也のゴールだ。前半を0-0で折り返して迎えた77分、C大阪は丸橋祐介の左CKに木本恭生が飛び込み、ゴール前で敵GKキム・スンギュと競り合う。すると、ボールはファーサイドに流れ、最後は山下が頭で押し込んだ。

 しかし、この場面を映像で振り返ると、キム・スンギュと木本が競り合った際に、木本の腕に当たっているようにも見える。このシーンに対してファン・サポーターは、「故意ではないと思うけど、これハンドやん」「決勝点はVARがあったら危なかったと思う」「JリーグにもVAR導入だ」などと、次々にSNSに独自の見解を投稿。結局、試合はそのまま1-0でC大阪が勝利を収めたものの、JリーグでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)が採用されていれば、ゴールが取り消される可能性もあったプレーだったかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ