すべてを持ったストライカー、ビジャ。“VIPトリオ”結成で神戸に何をもたらすのか?

カテゴリ:Jリーグ

吉田治良

2018年12月27日

神戸が見たこともない景色に出会う可能性は小さくない

サプライズ会見でファンに驚きを届けたビジャは、イニエスタ、ポドルスキとともに、2019年のJリーグを沸かせてくれるだろう。写真:川本学

画像を見る

 つまり、ダビド・ビジャとは“すべてを持ったストライカー”なのだ。2部から世界のトップにのし上がったハングリー精神、そして移籍1年目に必ず結果を残す順応性の高さも、ビジャという魅力的なストライカーを形作っている要素だろう。神戸の前線に、得点力だけではない多くのものを、きっともたらしてくれるに違いない。
 
 フアン・マヌエル・リージョ監督が昨季終盤戦で採用した4-3-2-1に当てはめれば、おそらく1トップがビジャの収まりどころになる。あるいはバルサ時代と同じ、4-3-3の左サイドもあり得るだろうか。いずれにしても、ポジションとパートナーを問わない柔軟性の高いストライカーだけに、指揮官の戦術の幅も広がりそうだ。そのうえで、古橋亨梧、郷家友太といった成長株が、ビジャの加入に刺激を受けてさらなる進化を遂げれば、選手層の底上げという意味でも理想的だろう。
 
 おそらくビジャは、高い確率で結果を残す。なぜなら、大きな怪我のようなアクシデント以外に、失敗する材料が見当たらないからだ。

「ビジャ、ビジャ、ビジャ! ビジャ、マラビージャ!」(「素晴らしい」を意味するマラビージャとビジャの名前をかけて)
 
 ノエビアスタジアム神戸に、よく知られたビジャのチャントが響き渡る。彼を後方からサポートするのは、イニエスタとポドルスキだ。世界チャンピオンたちによる前線の豪華トライアングル──3人の頭文字を取って「VIPトリオ」はどうだろう──に導かれ、2019年のヴィッセル神戸が、これまで見たこともない景色に出会う可能性は、決して小さくないと思う。
 
文●吉田治良(スポーツライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ