すべてを持ったストライカー、ビジャ。“VIPトリオ”結成で神戸に何をもたらすのか?

カテゴリ:Jリーグ

吉田治良

2018年12月27日

スペイン代表では、F・トーレスより頼りになった

バルサでエースの重責を担ったビジャの獲得は、神戸の"バルサ化"をさらに加速させるだろう。(C)Getty Images

画像を見る

 ヴィッセル神戸に、元スペイン代表FWのダビド・ビジャがやって来る。

 EURO2008と2010年の南アフリカ・ワールドカップの優勝メンバーであり、いずれの大会でも得点王に輝いた、正真正銘のビッグネームだ。
 
 アジアナンバー1クラブになる──。明快なビジョンを掲げ、その手段として脇目も振らず“バルサ化”に邁進する神戸が、アンドレス・イニエスタに続き、かつてバルサでエースの重責を担ったストライカーを獲得する。
 
 いかにも短絡的だと、そんな見方もあるかもしれない。12月で37歳になったベテランに、それほど多くは望めないだろうと、揶揄する声も聞こえてきそうだ。
 
 けれど、ビジャの獲得は、神戸がJリーグで優勝争いの常連となり、アジアへと飛躍するうえで、とても大きな意味を持つものだったと、個人的にはそう思っている。
 
 根拠は、いくらでも挙げられる。
 
 第一に、その決定力と勝負強さだ。
 2001年にラ・リーガ2部のスポルティング・ヒホンでプロデビューを飾って以来、この約20年間、彼は毎年コンスタントに20ゴール前後をマークしてきた。過去3年はMLSのニューヨーク・シティでプレーしたが、2年目の2016年シーズンには23ゴールを挙げてMVPを獲得。翌年8月には、35歳でスペイン代表に3年ぶりの復帰も果たしている。得点感覚はまるで錆びついていない。
 

 十八番は、巧みなポジショニングと機動力を活かし、敵の背後へと飛び出すラインブレイク。ボールを受けると、“両利き”と言っていいほど遜色なく使いこなせる左右両足を駆使して、実に多彩なフィニッシュワークを見せつける。ミドルシュートも強烈なら、175センチというサイズの割にヘディングも得意だ。
 
 EUROとW杯で得点王に輝いたように、大一番での勝負強さも際立つ。PKの成功率の高さからも分かるようにハートが強靭で、エリア内で冷静さを欠くことが滅多にない。スペイン代表では、同じ時代を生きたフェルナンド・トーレス(現・サガン鳥栖)より、はっきり言ってよほど頼りになった。
 
 バレンシアからバルサに移籍した2010-11シーズン、初めて臨んだレアル・マドリーとのエル・クラシコで、いきなり2ゴールと大仕事をやってのけたのも、何事にも動じない胆力の賜物だろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ