【J1採点&寸評】札幌1-2川崎|昨季王者が個の力を見せつけた2発! 札幌で存在感を発揮したのは得点を挙げた都倉よりも…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月19日

川崎――MOMは相手の寄せの甘さを見逃がさなかったエウシーニョ

【警告】札幌=なし 川崎=森田、小林
【退場】札幌=なし 川崎=なし
【MAN OF THE MATCH】エウシーニョ(川崎)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
基本的にはクオリティの部分で相手を大きく上回っていたが、後方からの攻撃参加回数も含め、力の使いかたとしてはもの足りなかった印象。リーグ再開初戦ということで、慎重な試合運びをしていたのかもしれない。
 
【川崎|採点・寸評】
GK
  1. チョン・ソンリョン 6
終了間際に失点を喫してしまったが、試合全体を通して冷静なパフォーマンスを披露していた。
 
DF
3 奈良竜樹 6(65分OUT)
古巣を相手にモチベーションも高かった様子。ただし時折、背後のスペースを狙われる場面も目立っていた。
 
5 谷口彰吾  6.5
的確なポジショニングで最終ラインを安定させていた。シンプルなパスさばきで攻撃の起点作りも担っていた。
 
7 車屋紳太郎 6 
フィニッシュに関わる場面こそ少なかったものの、タイミングのよい飛び出しで相手を押し込むことに成功。
  
18 エウシーニョ 6.5
相手の寄せが甘くなったところを見逃さず、カットインしてフィニッシュに持ち込んだ得点は見事なプレーだった。MOMに選出!
 
MF
8 阿部浩之 6.5(82分OUT)
安定感のあるボール扱いも見事だったが、守備時にも集中を切らさず、しっかり相手をマークし続けたのは素晴らしかった。
 
10 大島僚太 6(77分OUT)
巧みなポジショニングで相手のマークを外し、そこでボールを受けての展開でチームを活性化させていた。
 
14 中村憲剛 6.5
後半、相手にペースを握られかけた時間帯で巧みにショートパスをつないでリズムを取り戻した戦術眼はさすがだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ