日本代表CBコンビが離脱の鹿島、再開初戦で3失点も…磐田と壮絶3-3ドロー!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月18日

終盤は点の取り合いに。

鹿島の鈴木は不発に終わったが、土居の同点弾の起点となった。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは7月18日、ワールドカップ中断明けの初戦となる16節の9試合が各地で行なわれた。ヤマハスタジアムでは、ジュビロ磐田対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、3対3の引き分けに終わった。

【PHOTO】磐田3-3鹿島|激しい点の取り合いは決着つかずドローに終わる

 鹿島は日本代表センターバックコンビのふたりが不在。植田直通は、ベルギーのセルクル・ブルージュKSVへ移籍。一方の昌子源は、ワールドカップでの疲れが癒えず、ベンチ入りせず。鹿島のセンターバックは、犬飼智也と町田浩樹のコンビでスタートした。

 試合は17分、磐田が先制。右サイドからのクロスを上原力也が中央からヘディングで叩き込む。鹿島は早くも中央の守備の不安を露呈することとなった。

 しかし鹿島は34分、混戦から遠藤康が左足を振り抜き、ゴールネットを揺らす。鹿島が同点に追いついて前半を終えた。

 後半に入ると、試合はシーソーゲームの様相を呈す。69分に鹿島が安部裕葵が勝ち越しゴールを挙げれば、磐田は77分、山田大記が右足で叩き込み同点に。さらに82分には、磐田が川又堅碁の絶妙なヘディングでのループショットが決まり、逆転に成功。

 しかし粘る鹿島は88分、鈴木優磨からのスルーパスを起点に山口一真からのおりかえしを土居聖真が押し込み、3対3の同点に追いついた。

 試合はこのまま3対3でタイムアップ。白熱のシーソーゲームは、ドローに終わった。

  
【関連記事】
「過去最弱だったはずが…」米誌がW杯“期待満足度ランキング”で日本代表を2位に格付け!
「4年前から楽しみにしてた!」吉田麻也がついに実現した植田直通の海外移籍にエール!!
【鹿島】植田直通がベルギー移籍で基本合意! 新天地はセルクル・ブルージュKSV
W杯で最も成長した男、昌子源はコロンビア戦で「緊張」を乗り越えた【西野ジャパン23戦士のストーリー#4】
【磐田】川崎の大久保嘉人が電撃加入! 「今までの経験を生かし、クラブのために頑張りたい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ