【現地発】「クールな点取り屋」ケインが90年ぶりの偉業! 何食わぬ顔でゴールネットを揺らし続ける

カテゴリ:PR

田嶋コウスケ

2017年12月12日

苦労人としてのキャリアが真摯な姿勢に繋がる。

いわゆる練習の虫で、食事管理も徹底している。伸し上がるまでの苦労が、こうした真摯な姿勢のバックボーンとなっている。(C)Getty Images

画像を見る

 それでも、本人に驕り高ぶる様子は一切ない。
 
 徹底した食事管理を貫き、ほぼ毎日自宅に栄養管理士を招いて食事を用意してもらっている。もちろん、シーズン中はアルコール類に手を付けない。また、生粋の練習の虫で、利き足でない左足のシュート練習に取り組み、弱点を見事に克服した。下部組織で指導を受けたU−15時代のコーチのアドバイスには、今でも真摯に耳を傾けているという。
 
 こうした姿勢には理由がある。今でこそスポットライトを浴びているが、トッテナムで本格デビューする4年前まで、レイトン・オリエント(当時3部)やミルウォール(当時2部)、レスター(当時2部)といった下部リーグをレンタルで渡り歩いた苦労が、自身の中で生きているのだ。本人が語る通り「小さなことの積み重ねがすべて」であることを、24歳のイングランド代表FWは身を持って知っている。冷静かつ明快な頭脳の持ち主であることは明らかだ。
 
 ひたむきに、冷静に、そして貪欲に──。おそらく、彼にとってプレミアリーグ得点王も通過点にすぎないだろう。すでに「世界最高峰の万能型ストライカー」へ成長したが、今後もさらなる高みを目指すに違いない。
 
文:田嶋コウスケ

ナイキの人気スパイクシリーズを、赤(FIRE)と青(ICE)で色分けした新シリーズが好評発売中。炎のように熱く戦うか、氷のように冷徹に勝利を奪うか、選ぶのは自分次第だ。詳細はこちら

画像を見る

【関連記事】
【現地発】「最強の地球人C・ロナウド」が「宇宙人メッシ」に再び勝利。鍵は冷静な自己分析だ
【現地発】デ・ブルイネの「インテリジェンス」がマンCの圧倒的な破壊力を生む
【現地発】「花の都」を「炎の都」に。ネイマールはPSGの何を変えたのか?
【現地発】ピケを超一流選手にした「クールでアツい」性格

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ