【現地発】デ・ブルイネの「インテリジェンス」がマンCの圧倒的な破壊力を生む

カテゴリ:PR

田嶋コウスケ

2017年11月28日

「グアルディオラ政権でもっとも影響力を持つ」との賛辞も。

ペップ政権2年目のマンCにあって、デ・ブルイネは攻撃の要として機能。圧倒的な存在感を放っている。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグで首位を快走するのが、マンチェスター・Cだ。2位マンチェスター・Uに8ポイント差をつけるチームが、13節までに記録した得点数は「42」。2位のマンチェスター・U(28点)、同3位のリバプール(24点)に大差を付けて、ゴール数でも独走態勢を築いている。
 
 そんな好調を維持するチームの中で抜群の存在感を放っているのが、ケビン・デ・ブルイネだ。昨シーズンまでは中央をスタートポジションにしながらもサイドに流れるケースも多かったが、今シーズンは中央に留まってゲームメークに専念する時間帯が増えている。
 
 この変化の影響もあってか、デ・ブルイネはここまでリーグ2位の6アシストをマーク。スルーパスの成功本数は18本で、2位のセスク・ファブレガス(10本)を引き離し、リーグトップの数字を叩き出している。ボールタッチ数は1253本で3位、ファイナルサードにおけるパス本数も294本で堂々のリーグ2位。機を見て狙うミドルシュートやカウンター時のドリブル突破でも威力を発揮し、文字通りマンチェスター・C攻撃陣を牽引している。
 
 手厳しい英メディアも26歳のベルギー代表MFへ賛辞の言葉を惜しまない。『ガーディアン』紙が「今シーズンのベストチームはマンチェスター・C。そして、ベストプレーヤーが・デブルイネだ」と称賛すれば、『デーリー・メール』紙も「ジョゼップ・グアルディオラ政権で最も影響力を持つ選手」と高評価を与えている。
 
 今シーズンでとりわけ圧巻だったのが、8節のストーク戦で見せた約30メートルのスルーパスだ。
 
 デ・ブルイネは中盤でボールを奪うと、DFラインの裏へ抜けるレロイ・ザネに迷わずパスを出す。ボールは敵をすり抜け、ペナルティーエリア内に走り込むドイツ代表アタッカーの足元にピタリと入った。「今シーズンのベストアシスト」の呼び声が高いこのプレーには、「高精度のキック」と「視野の広さ」、チャンスと見て素早く仕掛けた「冷静な状況判断力」、誰もが予想しなかった場所にパスを通した「創造性」など、その凄みが凝縮されていた。
 
【関連記事】
【現地発】「花の都」を「炎の都」に。ネイマールはPSGの何を変えたのか?
【現地発】ピケを超一流選手にした「クールでアツい」性格

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24