【現地発】「クールな点取り屋」ケインが90年ぶりの偉業! 何食わぬ顔でゴールネットを揺らし続ける

カテゴリ:PR

田嶋コウスケ

2017年12月12日

年間50ゴールという90年ぶりの偉業も達成する。

2017年にここまで積み重ねたゴールは実に50。イングランド人選手としては90年ぶりの偉業だ。(C)Getty Images

画像を見る

 そのうえ、ポストプレーや連携プレーで味方を生かす術に優れ、前線からプレスをかける献身性も兼備する。爆発的なスピードやトリッキーな足技があるわけでないが、大きな弱点はなく、しかもすべての能力が高い──。だからこそ、チームメートのクリスティアン・エリクセンも、「ゴールを量産できるし、味方を助ける動きもできる。前線でボールをキープしてタメを作るし、ヘディングシュートも上手い。彼はパーフェクトなストライカーさ」と称賛するのだ。
 
 とはいえ、ケインの評価を最大限まで高めているのは、やはりストライカーとしての能力、つまりゴールを決め切る力だ。持ち味をいかんなく発揮したのが、4節のエバートン戦だった。
 
 右サイドのタッチライン際でパスを受けると、角度がさほどない位置にもかかわらず、約35メートルのロングシュートをゴールに叩き込んだ。そうかと思えば、ペナルティーエリア内のフリースペースに走り込んでクロスボールを上手に引き出し、ダイレクトで合わせて2点目。3−0の勝利に大きく貢献し、『BBC』のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。
 
 また、9節のリバプール戦でも2ゴール・1アシストで4−1の快勝に貢献。今シーズンで4度目となる「1試合・2ゴール」を達成し、大一番での勝負強さを発揮した。この試合でもBBCはケインをマン・オブ・ザ・マッチに選んでいる。
 
 プレミアリーグでの12ゴールは、リバプールのモハメド・サラ―の13得点に次ぐ2位。チャンピオンズ・リーグでの6ゴールも、9得点のクリスチアーノ・ロナウドに続く2位タイの記録だ。
 
 これだけではない。主軸に成長したイングランド代表では、ワールドカップ予選でチーム最多の5ゴールを決めて本大会出場に導いた。最近では、来夏にレアル・マドリーが獲得に動くとの報道が英メディアを賑わせてもいる。飛ぶ鳥を落とす勢いとは、まさにケインのような選手のことを指すのだろう。
 
 2017年はここまで47試合に出場し、12月9日のストーク戦で決めた2得点を含めて実に50ゴールを奪取(クラブで43、代表で7)。イングランド人選手の年間50得点は、1927年に元イングランド代表FWのディキシー・ディーンが達成して以来、なんと90年ぶりの偉業だという。
 
【関連記事】
【現地発】「最強の地球人C・ロナウド」が「宇宙人メッシ」に再び勝利。鍵は冷静な自己分析だ
【現地発】デ・ブルイネの「インテリジェンス」がマンCの圧倒的な破壊力を生む
【現地発】「花の都」を「炎の都」に。ネイマールはPSGの何を変えたのか?
【現地発】ピケを超一流選手にした「クールでアツい」性格

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ