成長を止めない36歳。中村憲剛が経験を重ねて掴んだ「立ち位置」とは?|MVPインタビュー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年01月01日

ベテランの選手たちも若手に押されちゃダメ。オジサンの意地を見せたい。

天皇杯決勝ではCSで敗れた鹿島との再戦に。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――〝人から評価される〞というのは好きですか?
 
 良い評価をしてもらえるならどんな形でも大歓迎ですよ(笑)。幼稚園児に『最高だね』って言われても嬉しいです。
 
――メディアからの評価は?
 
 うーん、気にしていたのは採点ですかね。若い頃は一喜一憂していました。『これだけやって5.5か』とか、『悪かったのに6.5なんだ』 みたいに。選手って意外と気にするんです。ロッカールームに『サッカーダイジェスト』があると、みんな見てますもん。でも俺はある時を境にそこまで気にしなくなりました。
 
――そのきっかけとは?
 
 まず自分の立ち位置を確立できたというのがありますね。経験を重ねていくうちに〝良かった〞〝悪かった〞は自己判断できればいいと思えるようになったんです。それにしても、採点する側も責任がありますよね。出場選手全員分を評価するわけですから大変です。最大28人ですから、どうしたって点を取った選手やビッグセーブをしたGKが高い数字になります。可哀想なのはDF。凄い活躍をしないとなかなか数字につながらないですから。
 
――確かに、DFの選手が主役になる試合は少ないです。
 
 前目の選手は85分まで仕事ができなくても、最後に1点決めればOKという側面があります。そういうところも含めて〝人の評価〞は面白い。今回のアンケート企画で1位をいた だけて、次も、その次のシーズンもこうなれば良いなと思いますけど、そう上手くはいかない。やっぱり選手には調子の波があるので。
 
――今季のプレーで逆にここを評価してほしかった、見てほしかったという部分はありますか?
 
 いや、ないですよ。しっかり俺のプレーを見てくれたから、1位になれたわけで。ただ、理解してほしいところもありました。例えば第2ステージの最後のほうは身体がボロボロで、コンディションを上げたくても上げられず、苦しさ、悔しさを抱えながらプレーしていました。
 
――今季J1で決めた9ゴールのうち最も印象に残っているのは?ひとつ選んでください。
 
 熊谷での大宮戦(第2ステージ・第12節)のゴールですかね。エウソン(エウシーニョ)がインターセプトして、なぜか俺がゴール前にいてトントンっていうリズムでシュートを打ったら〝神コース〞に決まりました。塩田(仁史)選手が『あの距離から打たれて、取れないなと思わされたのは憲剛さんだけ』と言っているゴールです。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ