【川崎】大久保が指摘するチームの問題点。決勝で鹿島にリベンジを果たせるか

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年12月29日

「向こうがコンパクトにしてきたら…」

準決勝での勝利後、中村とがっちり握手を交わした大久保。決勝では鹿島へのリベンジに燃えている。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[天皇杯準決勝]大宮アルディージャ0-1川崎フロンターレ/2016年12月29日/日産スタジアム
 
「日本中が期待していたと思います。フロンターレと鹿島という対戦を」
 
 天皇杯準決勝の大宮戦を1-0で制した試合後、川崎のエースは相好を崩しながら決勝進出を喜んだ。
 
 ただ最高の結果を得られたものの、大宮の激しいプレスの前に苦戦を強いられたチームの戦い方には修正が必要だと言う。

「(苦戦の要因は)向こうがコンパクトにしてきたから。ああいう時、フロンターレは考えなくてはいけない。あれだけラインを上げてきたので裏に蹴れば良いのに、わざとつないで取られるという。そうするとみんな受けたがらなくなって悪循環になる。裏に蹴るのもつなぎのひとつというか、あれだけ(ラインを)上げているから(蹴ってくれれば)スピードで勝てる。キーパーとの間に落としてくれれば、いけるというシーンは後半にもあった」
 
 基本的に後方から丁寧にパスをつなぐ川崎にとって、激しいプレスをかけてくるチームは苦手な相手と言える。ただ、そうしたチームにも臨機応変に戦うべきだと大久保は説きたかったのだろう。
 
「フリーの定義というのを今まで言われてきたと思うけど、コンパクトにされた時にできない選手が多いかなと思う。コンパクトにされ時こそ、前の選手にDFが付いていても出すべきだし、そうするとチームもリズムを作れる」
 
 もっとも、厳しい言葉とは裏腹にこの日の大久保の表情はいつも以上に柔和だった。それは「集大成」として戦っきた大会で決勝進出が叶ったからだろう。
 
 元旦のファイナルではチャンピオンシップ準決勝で敗れた鹿島と再戦する。
 
「リベンジ。それしかないです」
 
 約1か月前、苦汁を舐めさせられた相手への雪辱に燃えている。
 
【大宮0-1川崎 天皇杯準決勝PHOTO】川崎が初の決勝進出。悲願のタイトルまであと1勝!

取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ