【育成年代の深層】ロクFCが掲げる普遍の哲学。結果至上の対極を行く”下手な子”ほどピッチに立てる大会とは?

カテゴリ:高校・ユース・その他

手嶋真彦

2016年07月20日

「俺が育てたって言いたがる指導者は多いですけど、そうじゃない。指導者は入り口を作ってあげるだけ」

先のCL決勝でもペペ(手前左)のあざとい〝演技〞が。子どもたちには「見せたくない」悪例だ。(C)Getty Images

画像を見る

「私は褒めませんよ。慢心して、成長が止まっちゃいますから。できる子ほど叩くようにしてるんです。子どもたちにはこう言っています。俺が厳しくなってきたら、それはお前たちが成長している証だとね」

 浅井がサッカーを介した人間教育を志向するのは、自身の人生を通してこのスポーツの大きな価値を実感してきたからだ。現役時代は日立製作所サッカー部で天皇杯2回、日本リーグ1回のタイトルを手に入れた。引退後は社業に励み、50代には大病を患いながら、定年まで勤め上げた。
 
「私なんかサッカーがなければ、ただのボンクラで終わってましたよ。世界に打って出ている大企業で、いろんな人に磨いてもらった。その恩を返せる場所がここなんです」
 
 教え子たちにも、良い人生を送ってほしい。そんな願いが、浅井をある種の鬼にさせている。

「子どもたちはサッカーが好きだから、私に厳しく言われても耐えられるんです。磨けばどうにでも変わっていく。俺が育てたって言いたがる指導者は多いですけど、そうじゃない。子どもたちの努力なんです。指導者は入り口を作ってあげるだけ」

 子どもたちを叱咤し、激励する浅井が踏みしめているのは、青々とした芝だ。天然の芝を敷いたグラウンドは、フルコート1面を取っても余りある広さ。鬱蒼とした木々が周囲を取り囲む。

 浅井の取り組みを支援する企業が、この場所を無料で提供してくれるようになって1年半。ベンチは手作りで、芝は種蒔きから育ててきた。浅井がダイヤモンドリーグを開催できるのは、このグラウンドを自由に使えるからなのだ。
 
 浅井には夢がある。この〝ホーム〞に少しずつクラブハウスの設備を整えて、子どもたちの保護者や幼い弟妹が楽しく過ごせる、コミュニティのための空間を作りたい。
 
「小さい子たちの遊び場は必要ですし、私たち大人にはビールが(笑)」
 
 そんな構想を笑顔で語る浅井には、育成指導者としての強い矜持がある。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ