• トップ
  • ニュース一覧
  • ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」

カテゴリ:連載・コラム

マルコ・パソット

2016年04月20日

何度も苦境を脱してきた本田だが、今回ばかりは…。

サンプドリア戦では実質的なトップ下として振る舞ったバロテッリ。スタートポジションこそ異なるが、本田のライバルと言っていい。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 本田はミランで何度も同じような境遇に追い込まれながらも、最後はいつもクラレンス・セードルフ、フィリッポ・インザーギ、そしてミハイロビッチという監督たちの信頼を勝ち取ってきた。だから、希望を捨てる必要はまったくない。しかし、今回ばかりはそう簡単には事が運ばない可能性がある。
 
 まず、今シーズンの残りが6試合(セリエA5試合+5月21日のコッパ・イタリア決勝)とかなり限られている。さらにブロッキは、ボナベントゥーラ、バッカ、バロテッリという攻撃トリオに大きな手応えを感じているのだ。
 
 本田にとって注意すべきなのは、実はボナベントゥーラではなくバロテッリだ。サンプドリア戦でこの怪物は、ボールを受けるために最前線から敵2ライン(DFとMF)や中盤に頻繁に下がり、そこからミドルシュートや仕掛けを狙っていた。
 
 ボールタッチ数は、ボナベントゥーラよりバロテッリのほうが明らかに上。そう、実質的にトレクアルティスタの役割を担っていたのは、バロテッリだったのだ。
 
 そして本田にとって危険なのは、ミランがこの悪童を本気でチームの中心に戻そうとしていることだ。たしかにここ2試合のバロテッリは、ポジティブな印象を残している。諸刃の剣だと誰もが分かっているが、その打開力はやはり捨てがたいのだろう。
 
 このサンプドリア戦でボナベントゥーラは88分にベンチに退き、代わってケビン=プリンス・ボアテングが入った。そのため、「本田はトレクアルティスタの三番手」と書き立てるメディアもあったが、私はそうは思わない。
 
 今冬に加入したボアテングは、いまだフィジカルコンディションが整っていない。1-0で逃げ切ろうとしていたサンプドリア戦でブロッキが本田ではなくボアテングを投入したのは、ボアテングのほうが本田よりも瞬間的な爆発力があるからだ。
 
 ほんの数分間だけ使うなら、本田よりもボアテングのほうが適しているという判断である。つまり今回の起用は特別であり、本田のライバルとは言い難い。
 
 繰り返すが、今の本田にとってのライバルはボナベントゥーラ、そしてバロテッリなのだ。これまでのように賜わぬ努力とアピールによって、バックアッパーからレギュラーに這い上がれるのか。注目したい。
 
文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト紙)
翻訳:利根川晶子
 
【著者プロフィール】
Marco PASOTTO(マルコ・パソット)/1972年2月20日、トリノ生まれ。95年から『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙で執筆活動を始める。2002年から8年間ウディネーゼを追い、10年より番記者としてミランに密着。ミランとともにある人生を送っている。
【関連記事】
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督就任ですべてが激変。場合によっては悪童バロテッリもライバルに?」
本田にとって「ミランでの5人目の監督」。クリスティアン・ブロッキってどんな人?
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「リバプール戦の香川交代は得策ではなかった」
【リオ五輪|組合せ決定後の一問一答】手倉森監督が対戦3か国やオーバーエイジについて言及。香川や本田の名も「俺のリストの中に挙がっている」
【移籍専門記者】チェルシー新監督のコンテの「買い物リスト」。ゴディン、ポグバ、イグアインなど大物が並ぶ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ