• トップ
  • ニュース一覧
  • ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」

ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督の下でバックアッパーに降格…。再び這い上がれるか?」

カテゴリ:連載・コラム

マルコ・パソット

2016年04月20日

本田は「ブロッキのサッカーを一番よく表現できる選手」の中に入っていない。

「いま本田がすべきことは、私を悩ませることだ」と語ったブロッキ。新監督の中で構想の中で背番号10はバックアッパー扱いとなっている。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 こんな状況になると、再びお馴染みの疑問が沸いてくる。
 
 本田のこれからは? 来シーズンの本田の運命は?
 
 私は今シーズンこれまでずっと、本田のミランにおける未来は「ミハイロビッチ次第」と言っていたが、今度はそれが「ブロッキ次第」となる。より正確に言えば、オーナーのシルビオ・ベルルスコーニが、ブロッキの仕事ぶりをどう評価するか次第、だ。
 
 もしブロッキが来シーズンも留任すれば、
今後の予測はある程度可能だ。ブロッキ自身に「本田をどう評価している?」と質問できるし、以前と同じく本田もアドリアーノ・ガッリアーニ副会長と去就を話し合える。
 
 しかし、もしブロッキが失敗してしまえば、その答は新監督決定まで待たなければいけない。指揮官が新しくなれば、小さくない変革が起こるのは間違いない。一部メディアはすでに「本田がプレミアリーグ移籍か?」などと騒いでいるが、現時点ではどんな予測をしても信憑性は低い。
 
 いずれにしても、全ては今シーズン終了まで待たなくてはいけない。クラブにとっても、選手たちにとっても最悪の状況だ。ほんの数か月先のことが、まだ誰にも分からないのだから。
 
 さて、視線をもう一度ピッチに戻そう。当然のことだがブロッキは、選手全員が希望を失わないように努めている。だから本田の未来について質問されれば、不安を煽らないようにこう答える。
 
「本田にももちろん可能性はある。常に4-3-1-2でプレーするわけではない。とにかく本田が今すべきことは、私を悩ませることだ。彼のトレーニングでの印象は非常に良いよ」
 
 しかし、この言葉の行間を訳すと、「本田は4-3-3のシステムを使った場合のみ右ウイングで起用する」となる。そして「私を悩ませる――」とは、現時点で彼がレギュラーではないことを表わしている。
 
 サンプドリア戦の後、ブロッキはこうもコメントしている。
 
「ここ1、2試合では選手全員を満足させることはできないだろう。しばらくは、私のサッカーを一番よく実現できる選手を使っていく」
 
 間違いなく現時点では、本田は「ブロッキのサッカーを一番よく表現できる選手」の中に入っていない。
【関連記事】
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「ブロッキ新監督就任ですべてが激変。場合によっては悪童バロテッリもライバルに?」
本田にとって「ミランでの5人目の監督」。クリスティアン・ブロッキってどんな人?
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「リバプール戦の香川交代は得策ではなかった」
【リオ五輪|組合せ決定後の一問一答】手倉森監督が対戦3か国やオーバーエイジについて言及。香川や本田の名も「俺のリストの中に挙がっている」
【移籍専門記者】チェルシー新監督のコンテの「買い物リスト」。ゴディン、ポグバ、イグアインなど大物が並ぶ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ