【日本代表|エリア別検証】宇佐美はブレーキに!? ボランチ・原口は“諸刃の剣”か

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年03月30日

【ディフェンディングサード|シリアのミスに助けられたシーンは多々あった】

吉田(左)は身体を張ってシリアの選手の突進を止めていた。ただ、相手のミスに助けられたシーンも……。写真:(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 シリアに何度かカウンターを食らいながら無失点で抑えられたのは、山口、長谷部を含む守備ブロックの頑張りがあったからだろう。

 なかでも素晴らしかったのは、GKの西川だ。83分、86分と立て続けに好セーブでピンチを凌ぎ、文字どおり完封勝利の立役者となった。

 また身体を張ったという意味では、終盤の長谷部のブロックも称賛に値した。空中戦で相手に競り勝っていた吉田と森重の両CBも、エリア内でのディフェンスについては悪い出来ではなかった。

 しかし、一度ならず危険な位置からシュートを打たれた点で、最終ラインがバタついた印象もある。吉田もミックスゾーンでは次のように反省していた。

「後半に関しては評価できる部分は少ないですね、無失点で抑えたところだけじゃないかなと思います。ラインコントロールにしても、リスクマネジメントにしても、カウンターに対する守備にしても、あまりに雑な部分が多かったし、僕も含めてイージーなミスが多かった。

ボランチやSBをコントロールしながら、もっとリスクを減らしていかないと、レベルが高くなる最終予選ではチャンスを作られたら失点してしまう。そこは今日まったくできなかったので、満足できていません」

 リスクマネジメントの部分で、日本が課題を残したのは確かだ。吉田は続ける。

「なるべくハセさん(長谷部)は上がりすぎないようにと、SBも(酒井)高徳とかにも抑えて抑えてと言っていたんですけど、結局最後に大きいチャンスを何度も作られて、相手が撥ね返したボールがさぼっていた選手のところに入って、ひたすらカウンターを受ける崩しい時間帯が続いた。ああいうのは避けなきゃいけないですね」

 この日の日本は守備の局面で、シリアの拙いプレーに助けられたシーンが多々あった。シリアの選手が勝手に自滅して、日本ボールになる。そうした“ラッキー”が数え切れないほどあったのだ。

 日本が守り切ったというよりは、シリアのプレー精度が低かったから無失点で乗り切れたとの見方もできるわけで、ディフェンディングサードについては少なからず課題が浮き彫りになった一戦だった。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
『サッカーダイジェスト3月24日発売号』では、「2016シーズン J1&J2リーグ全40クラブの戦術ガイド」をお届けします。また齋藤学選手、シモビッチ選手、大黒将志選手、原口元気選手の独占インタビューも掲載。ボリューム満点の内容でお届けします。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】今の日本代表は、「ラッキー」や「相手のミス」がないと、なかなか点が取れない
【日本代表】史上5人目の代表100試合出場を達成した岡崎が語るシリア戦の“収穫”。「攻め続けることが出来た以上にピンチこそが…」
【日本代表】“ボランチ原口”――未知への挑戦にも“前への推進力”という新たな武器を提示する
【日本代表】本田圭佑のパス数ランキングから見える、90分間で起きた大きな変化。前半の1位は酒井高徳、後半は…
【サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評】香川が背番号10に相応しい活躍ぶり。ビッグセーブ連発の西川も高く評価
【日本代表】長谷部は大勝にも浮かれず…後半のピンチの多さは「間延び」と分析

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ