【日本代表|エリア別検証】宇佐美はブレーキに!? ボランチ・原口は“諸刃の剣”か

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年03月30日

【ミドルサード|あのミドルは“原口サイド”から打たれている】

原口は確かに攻撃面で良い仕事をした。しかし、守備面では突き詰めるべき課題も見えた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 山口は守備面で明らかに効いていた。カウンターを食らいそうになった24分の局面では相手を上手くスピードダウンさせてピンチの芽を摘むなど、地味ながらも重要な仕事をこなしていた。試合の分岐点のひとつが、その山口の負傷退場(鼻骨骨折、および左眼窩底骨折)だった。

 やや守備的だった山口に代わって長谷部とボランチを組んだのは、攻撃色の強い原口だった。ヘルタ・ベルリンではサイドが主戦場の原口にハリルホジッチ監督は真ん中のポジションを任せた(昨年6月のシンガポール戦でもボランチで試した)わけだが、以降の試合はだいぶオープンな展開になった。

 ボールテクニックに優れ、縦への推進力がある原口の投入で攻撃は厚みを増した。彼がミドルゾーンでタメを作ってくれるおかげで、DFもオーバーラップしやすくなり、中央からこじ開けるシーンも前半以上に目立った。実際、ハリルホジッチ監督も、原口の攻撃面での活躍を次のように評している。

「彼が入ってからかなりのことをもたらしてくれました。特にオフェンス面ですね。そして、最後(後半のアディショナルタイム)に(ヘディングで)ゴールまで決めた」

 原口投入以降に、4ゴール。そう捉えれば、彼が攻撃面に与えたメリットは計り知れないかもしれない。ただし──。手放しで原口の活躍を称賛できない部分もある。

 それは言うまでもなく、守備面だ。

 事実、日本がシリアに決定機を与えたのは、山口の負傷退場後だ。62分にポストを叩いたM・アルマワスのミドルは、“原口サイド”から打たれている。それ以降もカウンターを食らったのは、中盤でスペースを与え過ぎていたからに他ならない。

 その原因を長谷部のポジショニングと見るか、原口のセカンドボールへの意識の低さととるかは見解が分かれるところだが、いずれにしても60分過ぎ以降は中盤の守備はかなりルーズだった。

 チームの攻撃力が高まるぶん、守備力が下がる──。原口のボランチ起用は、いわば“諸刃の剣”か。

 結果的に無失点で乗り切ったシリア戦では良いところが目立ち、最後の最後でゴールを決めた点も加味し、原口の個人採点は及第点以上の「6.5」としている。

【サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評】香川が背番号10に相応しい活躍ぶり。ビッグセーブ連発の西川も高く評価

 しかし、相手のランクが確実に上がるアジア最終予選で原口の使いどころを仮に間違えれば、チームが混乱する可能性はありそうだ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】今の日本代表は、「ラッキー」や「相手のミス」がないと、なかなか点が取れない
【日本代表】史上5人目の代表100試合出場を達成した岡崎が語るシリア戦の“収穫”。「攻め続けることが出来た以上にピンチこそが…」
【日本代表】“ボランチ原口”――未知への挑戦にも“前への推進力”という新たな武器を提示する
【日本代表】本田圭佑のパス数ランキングから見える、90分間で起きた大きな変化。前半の1位は酒井高徳、後半は…
【サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評】香川が背番号10に相応しい活躍ぶり。ビッグセーブ連発の西川も高く評価
【日本代表】長谷部は大勝にも浮かれず…後半のピンチの多さは「間延び」と分析

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ