【セルジオ越後の天国と地獄】パトリックの帰化は大歓迎! 協会とJリーグが『帰化サポートプログラム』を立ち上げたら、僕は全力でバックアップするよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年01月15日

「U-23代表は白星発進したけど、初戦の内容を見る限り、『オリンピック本選に出るようなチームではない』と感じたよ」

グループリーグ初戦で北朝鮮に1-0と辛勝したU-23日本代表だが、セルジオ氏は「内容が悪いながらも勝利したのは大きかったけど、攻守両面の課題が多く目に付いた」。 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 話は変わるけど、カタールのドーハでリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(兼アジアU-23選手権)が開幕して、U-23日本代表はグループリーグ初戦で北朝鮮に1-0と辛勝したね。
 
 白星発進という結果は素直に称賛したい。ただ内容を見る限り、悪いけれど、「オリンピック本選に出るようなチームではない」と感じてしまったよ。パスはつながらないし、守備でもクリアばかり。試合後、手倉森監督が「(今後)これよりもひどい試合をやるはずがない」と言っていたようだけど、それぐらい試合内容は低調だった。
 
 攻撃のバリエーションや1試合を通じての内容は、北朝鮮のほうが上回っていたよ。日本から勝利への気迫は伝わってきたけれど、内容は褒められるものじゃなかった。これからレベルの高い相手と対戦した時、今のままでは苦戦必至だろうね。そういう意味で、内容が悪いながらも勝利したのは大きかったけど、攻守両面の課題が多く目に付いたよ。
 
 期待された南野のパフォーマンスはパッとしなかったし、個々のプレーもどこか硬く、落ち着きを欠いていた。相手の猛攻に押し込まれる形で、日本のファウルも多かったね。戦前の予想どおりに苦戦した感は否めないね。少なくとも、“アジアの横綱”というサッカーではなかった。
 
 これまで日本は5大会連続で五輪本選に出場したけど、今回出場権の獲得に失敗したら、2020年の東京五輪に向けて不安が一気に膨らむ。それは裏を返せば、ここ数年の選手育成に「失敗」の烙印が押されるということ。
 
 今のU-23日本代表を見て思うのは、チームにも選手にも「華がない」ということ。メディアも必死になってネタを探しているけれど、いまひとつ注目度が上がらないよね。こういう状態だと、選手の名前も憶えづらいんじゃないかな。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ