【セルジオ越後の天国と地獄】パトリックの帰化は大歓迎! 協会とJリーグが『帰化サポートプログラム』を立ち上げたら、僕は全力でバックアップするよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年01月15日

「Jリーグに関しては、“永住権”を有する選手は、『外国籍枠』から外すルールを設けたらどうだろうか」

Jリーグ史に触れたセルジオ氏は、「タイトルを獲得したシーズンには帰化選手が活躍している」と語る。近年では、2010年の名古屋リーグ初優勝に貢献した闘莉王の活躍が記憶に新しい。

画像を見る

 
 Jリーグに関して言えば、“永住権”を有する選手は、『外国籍枠』から外すというルールを設けたらどうだろうか。
 
 国籍とはまた別の話で、僕も取得した永住権とは、日本に住むことを国から許可された証。プロ野球では、外国籍選手であっても、「特別永住権」を有していれば『外国籍枠』に含まれない。
 
 サッカー界に話を戻すと、EU加盟国の欧州リーグでは“市民権”を上手く利用している。まずEU加盟国の選手は、他国でプレーしても『外国籍枠』に含まない。また南米やアフリカなどEU圏外の選手でも、長期居住やEU圏の人との結婚、血縁関係などによって市民権を取得すれば、『外国籍枠』に含まないことになっているリーグが多い。
 
 法律も絡む話とはいえ、Jリーグも同じようになれば面白くなるよね。よく「外国籍選手が多く出場すると、日本人の出場機会が減る」という話もある。
 
 一面ではそのとおりだけど、逆にハイレベルな競争が日常化し、日本サッカーのレベルアップにつながるはずだよ。海外から人の出入りも活発になり、競争が激化すれば、サッカーの質も自ずと高まっていく。
 
 Jリーグ史を紐解けば、帰化選手の在籍経験があるヴェルディ川崎(現・東京V)、清水エスパルス、浦和レッズ、名古屋グランパスなどは、タイトルを獲得したシーズンには必ずと言っていいほど帰化選手が活躍している。
 
 帰化選手と外国籍選手をフル活用すれば戦力は充実するし、それ相応の結果を残しているよね。これは決して偶然ではないだろうし、Jリーグの『外国籍枠緩和』はもっと議論してほしいよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ