• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後の天国と地獄】本田が決めた2点目の形は評価したい。だけど後半は「つまらない」と感じた人も多かったはずだよ

【セルジオ越後の天国と地獄】本田が決めた2点目の形は評価したい。だけど後半は「つまらない」と感じた人も多かったはずだよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月13日

いくらでも持ち上げられるけど、2次予選で勝点3を取るのはノルマであり最低条件。

金崎はまだスタートラインに立ったばかりで、これから真価を問われるよ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 2次予選の初戦で苦戦して、ワアワアと騒ぎ立てていたけれど、本来は勝って当たり前。日本が目指しているのは、2次予選の相手にどうこうではなく、強豪国をいかに倒すか。
 
 今日もそうだったけど、相手が格下のために、攻守が上手く機能しているように見えてしまう。実際に強敵と対峙した時にどこまでやれるかと言えば、まったくの未知数。金崎や柏木ら新顔にしても、本当の意味で“戦力”になるか、それはまだ分からないよ。
 
 宇佐美がその良い例じゃないかな。代表初ゴール後は一気にスポットライトを浴びて、まるで日本の救世主のように扱われたけど、最近のパフォーマンスはどう? 代表でもパッとしないし、ガンバ大阪でもゴールから長らく見放されている。
 
 世界的に評価される「良い選手」は、やっぱりコンスタントに活躍しているよね。攻撃的な選手であれば、継続的にゴールを決めたり、ゴールに絡んで初めて“評価”に値する。その意味では、金崎もまだスタートラインに立ったばかりで、これから真価を問われるよ。
 
 1試合を通じて良い時と悪い時の波が大きく、特に後半はスローペースになって、観ていて「つまらない」と感じた人も多かったはずだよ。
 
 ハリルが言っていた「リベンジ」はひとまず果たせたし、スコアだけ見れば快勝しているから、いくらでも持ち上げられるし、体の良いことも言えるけど、2次予選の試合で勝点3を取るのはノルマであり最低条件。以前から言い続けているけど、実力差を考えればシンガポールに勝つのも当たり前のこと。
 
 まるでシンガポールを“強敵”のように扱っていたけど、実際は違った。もちろんジャイアントキリングも起こり得るから気は抜けないけど、だからと言って相手が格下という事実は変わらない。
 
 それを「リベンジ」だの、「運命の一戦」だのと言って、まるで“強敵”の被り物をさせるかのようにメディアが煽っていたにすぎないよ。
【関連記事】
【シンガポール×日本】金崎、本田、吉田のゴールで快勝を飾る!
【日本 対 シンガポール|3-0】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評/リズムを生んだ柏木。途中出場の香川は…
「今のシンジは非の打ち所がない!」特派記者が聞いた“KAGAWA”を大絶賛する現地ドルトムントの声
【日本代表】香川にゴールを期待するのはナンセンス。ドルトムントでのプレーを検証し、背番号10の活かし方を探る
【日本代表】香川との競争はどこ吹く風? 清武弘嗣は「たくさんボールに触って…」とプラン語る
金田喜稔がシンガポール戦を斬る! 「競争原理に火を付けた清武、金崎、柏木の活躍。レベルアップの布石になる試合だった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ