金田喜稔がシンガポール戦を斬る! 「競争原理に火を付けた清武、金崎、柏木の活躍。レベルアップの布石になる試合だった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月13日

先制点の金崎、独自のカラーを出した清武は評価に値する。

金崎の先制点は本人にとっても、チームにとっても大きな一撃だった。 写真:徳原隆元

画像を見る

 日本は立ち上がりの7分、15分と立て続けに決定的なシーンを作りながらゴールを割れず、6月の対戦(0-0)のように相手GKを乗せてしまうのか、という嫌な流れでゲームに入ってしまった。正直に言えば、前回の再現も頭をよぎった。それだけに、金崎の先制ゴールが勝負の分岐点だったと言えるだろう。

2015.11.12 W杯アジア2次予選 第5戦|シンガポール 0-3 日本

 5年ぶりの代表復帰となった金崎にとっても、与えられたチャンス、しかもホームでモチベーションの高いシンガポール相手に結果を残したのは大きい。得点の場面は、武藤の折り返しに胸トラップから左足のボレーという高い技術が凝縮されたプレーだった。金崎は前線で身体を張れるし、チェイシングや対人の守備力も高い。これまで豊田やハーフナーら多くの選手がCFで試されてきたが、ようやく岡崎のライバルになりうるインパクトを与えられたのではないか。
 
 金崎と対等、いやそれ以上のプレーを見せたのが、トップ下を任された清武だ。4-1-4-1システムを敷いたシンガポールは、アンカーの両脇のスペースが大きく空いていた。清武は絶妙なポジショニングでギャップに常に顔を出し、ボールを受けると、近くの選手に横パス、スルーパス、バックパスを少ないタッチで捌き、リズムを作った。
 
 清武の「カラー」という意味では、独特なキックも見逃せない。彼のボールは見た目の軌道よりも最後に落ちる。例えば15分のFK、清武のクロス性のボールから森重が中央に折り返して本田のシュートにつなげたが、おそらく普通のキッカーならゴールラインを割っていただろう。清武のキックは最後の7、8メートルで急速に落ちてくるため、相手も反応しづらいのだ。本田や香川にも蹴れない、唯一無二の効力を証明したし、チーム2点目の起点にもなった点で、清武をシンガポール戦のMVPに推したい。

シンガポール戦のMVPは清武。香川にライバル宣言を突き付けるには十分な内容だろう。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】本田が決めた2点目の形は評価したい。だけど後半は「つまらない」と感じた人も多かったはずだよ
【日本 対 シンガポール|3-0】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評/リズムを生んだ柏木。途中出場の香川は…
【シンガポール戦会見】ハリルホジッチ監督「選手には祝福を送りたい」
【日本代表】代表初ゴールを挙げた金崎は、あえて“サボっていた”?
シンガポール戦を終えて――本田「全然良くなかった。内容は反省するところばかり」
シンガポール戦を終えて――吉田「新しい選手が結果を出せば、今まで出ていた選手へのプレッシャーも強くなる」
シンガポール戦を終えて――香川「自分は特になにもやっていない。余計な失点をしなかったことが大事」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ