【藤田俊哉の目】最大の問題は決定力不足ではなく、海外組を脅かす存在がいないこと

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年09月04日

5年も本田を脅かす存在が出てきていないのは問題だ。

Jリーグでもなかなかゴールが生まれない宇佐美は、カンボジア戦でも不発に終わった。藤田氏は、宇佐美のような選手こそが本田を脅かさなくてはならないと語る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 欲を言えば、その本田を押しのけようとする選手がなかなか出てこないのが寂しいよね。本田が中村俊輔からエースの座を奪ったのが2010年のことだから、もう5年も本田を脅かす存在が出てきていない。3年後のワールドカップも本田が不動の存在になっているのだとしたら……。
 
 やはり才能を考えれば、本来その地位を奪わなければいけないのは宇佐美だろう。でもその宇佐美が、7月以降公式戦でゴールを奪えず、今回のカンボジア戦でもベンチスタートだったのは、日本サッカー界の進歩という点で考えれば、非常に残念なことだった。
 
 本田をはじめとした海外組のプレーを見ても、まったく「焦り」は見られなかったよね? それは裏返せば、レギュラーポジションを脅かすほどの選手が台頭していないことを意味している。
 
 日本代表に戻ってきたら、ポジションはあるのだろうか――。
 この試合でゴールを奪わなければ次はないかもしれない――。
 
 そんな不安を抱えながら海外組がプレーするようになったら、日本代表に本物の「競争力」が生まれてくるんじゃないかな。
 
 そういった意味では、返す返すも東アジアカップの結果が残念でたまらない。あの大会で国内組と呼ばれる選手たちがしっかり結果を残していれば、彼ら自身も自信を持てたはずだし、カンボジア戦のスタメンにもおそらくもっと国内組の選手が名を連ねていたはずだろう。
 
 9月8日のアフガニスタン戦も、おそらく日本のワンサイドゲームで勝利するはずだけど、アウェーゲームは良い面だけでなく、悪い面も含めて選手の“質”がはっきりと映し出される。そうしたなかで、海外組にプレッシャーを与えるほどのインパクトを残せる選手は出てくるのか。
 
 それがアフガニスタン戦の最大の“焦点”だろう。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】ホームでたったの3点。今の日本からはやりたいことが見えてこない
金田喜稔がカンボジア戦を分析|オーソドックスすぎた日本の攻撃は、格下でも守れるレベルだった
【サッカーダイジェストの視点】例えば香川外しは現実的な選択肢か
【日本 対 カンボジア】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
「チャンスの作り方が、あまり上手くない」。エース本田が語った根深き課題とは?
【識者コラム】様々なレベルの試合が混在するアジア。今後はテーマに即した選考・采配が必要
吉田麻也の鮮やかなミドル弾を巡る問題提起――CBのシュートが「お手本」となる状態は健全か?
期待を裏切る無得点でも「楽しかった」と語る岡崎の真意は?
本職のトップ下で輝けなかった香川真司。背番号10のジレンマは続く

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ