【J1採点&寸評】G大阪0-1C大阪|ダービーで初陣! 最善の選択をした小菊監督を高評価! MOMは決勝弾の松田陸

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月29日

G大阪――T ・アウベスが個で推進力を発揮も…

MF
10 倉田 秋 5
最近はボランチ起用が続いたが、久々にサイドハーフでプレー。序盤は藤春を走らせたが、その後は攻撃で効果的な仕事はできず。

FW
32 チアゴ ・アウベス 6(60分OUT)
このところのFW起用でキレが出てきた。空回りせずに、個で推進力を発揮。FWではバーをわずかに越える惜しいシュートも放った。常に裏を狙う意識も良し。

9 レアンドロ・ペレイラ 5(72分OUT)
即席の2トップ連係はいまひとつ。相手CBに厳しく対応され、前半途中からは組み立てにも絡むが、得意な形でボールを受けられず、怖さは皆無だった。
 
交代出場
FW
37 山見大登 5.5(60分IN)
終盤はサイドで仕掛けてFKを得るなど、低調な攻撃陣のなかで奮闘。ただ投入直後は、ボールに絡む機会が少なく、やや空回り気味だった。

FW
39 宇佐美貴史 5.5(72分IN)
投入序盤はやや試合に入り切れず。数少ない決定機となったパトリックのチャンスは宇佐美のパスが起点。ただ、もっとゴール前でフィニッシュに絡みたい。

MF
15 井手口陽介 5.5(72分IN)
凡ミスはなく、繋ぎもそつなくこなしたが、井手口本来の武器であるダイナミズムは出せず。危険地帯は最低限ケアしていたが…。

FW
19 パトリック 5.5(72分IN)
横浜戦以来となる戦線復帰で、まだ100パーセントの状態ではなかった。苦しいボールを懸命に競り、相手CBを苦しめていたがシュートはゼロ。小野瀬からの決定機は決めたかった。

MF
8 小野瀬康介 ―(81分IN)
矢島が機能していなかっただけに、もう少し早く投入されても良かった。宇佐美のパスを受け、パトリックに好パスを供給したが単独の仕掛けは少ない。

監督
松波正信 5
4-4-2に布陣を変更したが、攻撃の形を落とし込めておらず、低調な試合でダービー敗戦。カードは切ったが、反撃開始の時間が遅かった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【ハイライト動画】新指揮官初陣のセレッソが松田陸のミドル弾で“大阪ダービー”勝利! アウェーでガンバを寄せ付けず
 
【関連記事】
【J1】首位川崎が完勝で14試合ぶり敗戦の2位横浜を突き放す! 鹿島が暫定3位浮上、“大阪ダービー”はセレッソ勝利
「やるよ、あいつは」内田篤人が太鼓判を押した“パリ五輪世代”の逸材は?「そろそろ海外が…」
“大阪ダービー”3連戦の初戦はセレッソに軍配! 松田陸の今季初弾を守り抜き伝統の一戦を制す!
「彼から目を離すな」中国メディアが警戒する日本代表アタッカーは? 南野でも久保でもなく…
なぜ久保建英はたった1試合でトップ下から右サイドに回ったのか? 面白いほど的中した指揮官の狙い「クボは1対1で…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ