「彼から目を離すな」中国メディアが警戒する日本代表アタッカーは? 南野でも久保でもなく…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月29日

「注目は前線の超豪華なラインナップ」

アジア最終予選に臨む森保ジャパン。中国メディアが「要警戒」として注目したのが伊東(14番)だ。(C)JFA

画像を見る

 2022年カタール・ワールドカップのアジア最終予選に挑む森保ジャパンは、9月2日に大阪でオマーン代表と、7日に中立地のカタール・ドーハで中国代表と対戦する。

 8月26日にはその2試合に臨む24人のメンバーが発表。無所属の長友佑都を含めて18人の海外組を招集した。

 第2節で対戦する中国のメディアは、こぞって日本のメンバーが「豪華だ」と取り上げ、欧州主要リーグでプレーする選手がウー・レイしかいない自国の代表と比べて悲観する声も少なくなかった。

 そんななか、中国の大手ポータルサイト『捜狐』は、「注目に値するのは、ヨーロッパ組が揃う前線の超豪華なラインナップだ。中国は、日本のスターに加えて、ベルギーでプレーする選手に注意する必要がある」として、ヘンクのMF伊東純也に注意すべきだと説いている。

「イトウのプレーは成熟した。特に昨シーズン、彼のパフォーマンスは圧巻だった。彼は日本代表の攻撃のエンジンになる。彼から常に目を離さないようにしなければならない」

【PHOTO】W杯アジア最終予選オマーン、中国戦に臨む日本代表招集メンバー24人を一挙紹介!
 記事はさらに、「28歳のイトウはキャリアハイの状態にあり、その能力は日本のファンにも認められている。ヨーロッパの5大リーグでプレーする力を持っていると思われているのだ。実際、昨シーズン終了後に、欧州5大リーグのクラブから関心を集めた」と紹介し、日本代表における立場にも言及している。

「アジア予選で、イトウは日本代表の絶対的な主力であり、中国は、このような5大リーグ以外の選手にも注意する必要がある。チャンスメークもフィニッシュもでき、ディフェンス陣の脅威となるだろう」

 南野拓実や久保建英、鎌田大地、原口元気といった欧州5大リーグでプレーするアタッカー以外にも、注意すべきタレントがいると指摘した同メディア。その筆頭格が伊東と見ているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「素晴らしい、きれい」と内田篤人が絶賛! 伊東純也が決めた“3連続ワンツー”からの鮮烈弾
【関連記事】
「アジア最強だ」海外組18人の日本代表に、対戦する中国のメディアも衝撃!「両国選手の市場価値を比較すると…」
【セルジオ越後】最終予選へ絶対的に期待したいのは大迫でもなく、南野や堂安、鎌田でもなく…
「クボという最悪のパートナーと…」久保建英とマッチアップしたスペイン人DFを現地紙が酷評「問題を引き起こした」
「しゃぶり尽くしたいほど素晴らしい」伊東純也の“3連続ワンツー弾”を現地絶賛!ヘンク残留宣言には「ファンを安心させた」
柴崎岳が約10か月ぶりに日本代表復帰! 森保監督が選出理由を明かす「3月、6月にも招集しようと考えていた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ