【J1採点&寸評】湘南1-2鹿島|2得点の犬飼を最高評価!2年ぶり復帰の安西も限られた時間でアピール

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年08月10日

湘南――追加点のチャンスもあっただけに…

湘南は大橋(左)の今季初ゴールで先制するが、終了間際の失点で痛恨の逆転負け。写真:徳原隆元

画像を見る

14 茨田陽生 6
セカンドボールを拾い、相手を巧みにかわして先制点をアシスト。守備への切り替えも速く、最後まで集中していた。

10 山田直輝 5.5
守備に走り、セカンドボールをケア。攻撃の時間が短く、特長を発揮する場面は少なかった。

FW
17 大橋祐紀 6

前線で攻守を牽引。自身が取ったフリーキックから待望の今季初ゴールで先制点を奪取した。

9 ウェリントン 5.5(90分OUT)
前線で起点を作るが、強風の影響でパスが収まらない場面も多々見られた。前半の決定機は枠を捉えきれず。
 
交代出場
MF
5 古林将太 5.5(69分IN)

ゴール前で身体を張るなど守備の機会が多かったが、好クロスでチャンスも演出した。

FW
11 タリク 6(69分IN)

プレスバックなど守備に献身。一瞬の隙を突いて決定機を迎えたが、相手GKの好守にあい、決め切れず。

DF
26 畑 大雅 ―(80分IN)

左サイドで途中出場。相手の攻勢に遭い、押し込まれる時間が長く、攻撃力は発揮できなかった。

4 舘 幸希 ―(80分IN)
ボランチに入り、守備に献身。ボックスへ相手が侵入した際もプレスバックしてピンチを潰した。

33 町野修斗 ―(90分IN)
交代直後、縦パスでカウンターを演出。限られた時間のなかで、チャンスを作り出した。

監督
浮嶋 敏 5

チームは粘り強い守備でゲームを作った。後半はチャンスも得たが2点目は遠く、逆転負けで4連敗。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【サポーター PHOTO】リーグ再開。順位アップを願う湘南サポーター
 
【関連記事】
「見たことないぞ」「今節ベストゴールか!?」犬飼智也の強烈ゴラッソ含む2ゴールで鹿島が湘南に逆転勝利!
「このタイミングで挑戦しないと後悔すると思い…」鹿島MF小泉慶が悩み抜いた末、鳥栖への完全移籍を決断!
「まじかよ…」鹿島がDF杉岡大暉のレンタルを発表。移籍先は古巣の湘南。「強くなって必ず帰ってきてね!」
「日本の皆さん、ありがとう」スペイン五輪代表アセンシオ、“お辞儀”でおもてなしに感謝綴る【東京五輪】
【五輪代表 全22選手の通信簿】最高のS評価は4人。厳しい査定となった3選手は…/東京五輪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ