「このタイミングで挑戦しないと後悔すると思い…」鹿島MF小泉慶が悩み抜いた末、鳥栖への完全移籍を決断!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月10日

新天地では鹿島時代と同じ37番を背負う

鳥栖への完全移籍を決めた小泉。攻守両面でアグレッシブに戦えるファイターの新たなチャレンジに期待したい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 鹿島アントラーズは8月10日、MF小泉慶のサガン鳥栖への完全移籍を発表した。

 2014年にアルビレックス新潟でプロキャリアをスタートさせ、18年シーズンに柏レイソルに活躍の場を移し、鹿島には19年7月に加入。主にボランチとサイドバックで起用され、攻守にアグレッシブなプレーでチームを下支えした。

 小泉はクラブの公式ホームページで以下のようにコメントしている。

「これからファン・サポーターの方々も含め、チーム一丸となって後半戦が始まるという中で、移籍という決断をしてもいいのか凄く悩みました。このまちも人も含め、僕は鹿島アントラーズが大好きになりました。ただ、このタイミングで挑戦しないと後悔すると思い、移籍することを決めました。

 急なタイミングで申し訳ないと思っています。これまで応援してくれたファン・サポーター、パートナー、地域の方々、そして日々ともに戦ったチームメイト、スタッフには、本当に感謝しかありません。また試合で会えることを楽しみにしています。ありがとうございました!」
 
 また移籍先の鳥栖の公式ホームページ上では「口でどうこう言うよりピッチの上で鳥栖が勝つため、日々の練習、練習試合、試合ですべてを出して戦いたい」と意気込みを伝えている。

 新天地では鹿島時代と同じ37番を背負う26歳の新たなチャレンジに期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】試合を彩るサガン鳥栖のガールズユニット「サガンティーナ」を特集!

 
【関連記事】
久保建英、古巣マジョルカへのレンタル移籍に合意間近と現地報道!「数時間以内に契約する可能性」
「まじかよ…」鹿島がDF杉岡大暉のレンタルを発表。移籍先は古巣の湘南。「強くなって必ず帰ってきてね!」
「自分の野心を大切にして」。“ビースト”林大地が壮行セレモニーで決意表明。新天地での目標も激白!
【五輪代表 全22選手の通信簿】最高のS評価は4人。厳しい査定となった3選手は…/東京五輪
「日本の皆さん、ありがとう」スペイン五輪代表アセンシオ、“お辞儀”でおもてなしに感謝綴る【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ