【J1採点&寸評】横浜FC1-1清水|千金弾の清水DFをMOMに! 先制アシストのレフティにも高評価!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月28日

横浜FC――渡邉に移籍後初ゴール!

今季初ゴールは、移籍後の初ゴールに。渡邉が先制点で流れをもたらした。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
13 小川慶次郎 5.5(71分OUT)

首尾よく抜け出したにもかかわらずトラップミスでチャンスをフイにする場面が目立った。

39 渡邉千真 6.5(86分OUT)
待望の移籍後初ゴール。得点後は、これまで不発だったポストプレーも改善された。

14 ジャーメイン良 6(86分OUT)
決定的な仕事はできなかったが、セカンドボールの回収などで攻撃に厚みをもたらす。
 
交代出場
MF
7 松浦拓弥 5.5(71分IN)

途中出場でドリブルやターンなど局面を打開するプレーを求められたが、沈黙した。

MF
10 中村俊輔 ―(86分IN)

勝点3を、という焦りからか投機的なパスを選択し、相手にボールを渡すシーンが目立った。

FW
16 伊藤 翔 ―(86分IN)

アディショナルタイムを含めて7分ほどの出場だったが、存在感はほとんど示せず。

MF
17 武田英二郎 ―(90分IN)

交代出場で残された時間はわずか3分のアディショナルタイム。プレー機会はほぼなし。

監督
早川知伸 6

選手の役割を明確にして優位にゲームを進めるも、結果として交代が遅く勝点3を逃す。
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「人間じゃない」「理不尽なゴール」と大反響! 湘南ウェリントンの驚異的な弾丸ヘッドが話題。ワッキーも大絶賛!
横浜FC、リーグ2勝目ならず… 渡邉千真の今季初ゴールで先制も清水に追いつかれ1-1ドロー決着
「なにひとつ、上回れなかった…」天皇杯、J3八戸はなぜ横浜FCを相手に“ジャイキリ”を起こせたのか
底が見えないユーティリティ性だ…リカルドレッズの“エンジン”明本考浩の可能性

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ