オナイウ、坂元、川辺ら躍動した遅咲きの“ニューフェイス” 全力で2ケタ得点を取りに行くなら…

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年06月16日

この中から大化けする選手が出てくれば…

オナイウは代表初ゴールを含むハットトリックを達成した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 オナイウは国際試合でのポストワークを比較すれば、まだ大迫勇也に及ばないだろうが、所属チームではレベルの違いはあっても、同じポジションでコンスタントに試合とゴールを重ねている。堂安律、久保建英、三好康児とライバルが目白押しのレフティの右サイド枠だが、坂元の仕掛けやチャンスメイクは異質の効果をもたらす可能性を見せた。あるいは右SBでは、酒井宏樹、室屋成に次ぎ3番手と目される山根視来も、対戦相手や局面次第では面白い選択肢になるのかもしれない。また小川諒也は「状況判断を速くミスを出さない」という課題を克服すれば、左SBでは貴重なレフティとして長友佑都の座を脅かしても不思議はない。
 
 今回のシリーズでは、U-24代表と日程が重なったおかげで何人ものニューフェイスが代表戦を経験した。だがこうして日本サッカーが底上げされ、遅咲きの多彩なタレントが増えている現状を踏まえれば、もっと意図的にこういう機会を設けていく必要がある。実際キルギスより力が劣るモンゴルやミャンマーとの試合に全力で2ケタ得点を取りに行くなら、別の人選を考えるべきだ。成功体験が有意義なのは、適切なプレッシャーのもとで行なわれた試合に限る。層が厚くなった今だからこそ、なるべく多くの選手に代表の重みや刺激を経験させた方がいい。

 欧州から戻ったスタメン組には物足りない試合ばかりだった。だが最終予選だけではなく、近い将来を睨んだ強化のためには、有意義な代表活動だった。ここで刺激を受けたラージグループの中から、ひとりでもふたりでも大化けする選手が出てくれば大成功になる。

文●加部 究(スポーツライター)

【PHOTO】日本5-1キルギス|オナイウのハットトリックを皮切りにキルギス相手に5得点!アジア2次予選8連勝を飾る!

【PHOTO】A代表初ゴールから前半だけで圧巻ハットトリックを達成!オナイウ阿道を特集!

【PHOTO】A代表初スタメンからフル出場!キレキレのドリブルにアシストも記録した坂元達裕!
 
【関連記事】
金田喜稔がキルギス戦を斬る!「看過できない川辺の奪われたあとの振る舞い。次をイメージしていたのか」
「日本とは天と地ほどの差が…」森保ジャパンの強さに敵国キルギスのファンも脱帽!「中学生が小学1年生と遊んでるみたいだ」
【セルジオ越後】キルギス戦よりEUROを見たほうが面白いよ。ハットのオナイウもアピールできたと勘違いしてはいけない
「ファミリーなんて泣ける」長友佑都が披露した胸熱“6ショット”が反響拡大!「いつか帰って来て~」
【日本代表5-1キルギス|採点&寸評】オナイウは見事なハットトリック! 川辺、坂元らもアピール

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ