オナイウ、坂元、川辺ら躍動した遅咲きの“ニューフェイス” 全力で2ケタ得点を取りに行くなら…

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年06月16日

国内組が欧州組から受けた刺激とは

日本はキルギスに5-1の快勝。国内組の活躍が目立つゲームとなった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 森保一監督をはじめ代表スタッフは、キルギスを「2次予選の同じグループの中では最も強い相手」と言って選手を送り出したという。

 確かに守田英正がドリブルでかわされ、後追いの末にPKを与えてしまったグルジギト・アリクロフやミルラン・ムルザエフは質の高いドリブルなどの武器を持っていた。だが総体的には、J1より緩い試合である。しかも恒常的に日本代表でプレーをしていないJリーガーの情報は、ほとんどキルギス側には伝わっていないはずだ。思う存分特徴を活かし次々にチャンスを創出した坂元達裕を筆頭に、ハットトリック達成のオナイウ阿道、見事なアシストをした川辺駿や古橋亨梧らは、間違いなく通常のリーグ戦よりプレーを堪能できたに違いない。彼らはチームに戻れば、当然エース級で対戦相手はスカウティングを重ねて対処してくる。それに比べれば、日常よりレベルの落ちる初対面の相手を手玉に取るのは、難しいことではなかった。
 
 オナイウは言った。

「マリノスで競争して試合に出て結果を出している。チームでやれていることを発揮したのが良かったのだと思う」

 むしろ彼らが刺激を受けたのは、欧州組と鎬を削るトレーニングだったようだ。

「代表に来るボランチの選手たちは身体的に強い選手が多い。そこをスタンダードに引き上げ、さらに長所を磨きたい」(川辺)

「トレーニングでも勉強になることが多く、意識して欧州組との強度の差を埋め、もっとやり切るプレーを増やしたい」(坂元)

 現時点ではキルギス戦に出場した中から、最終予選のスタメンを勝ち取れる選手を発掘するのは難しい。下の世代の五輪候補も合わせれば、同じポジションで3から4番手に回る選手が多いはずだ。だが反面、何人かはなんらかのきっかけ次第で、入れ替われる可能性も感じさせた。ラージグループに入り今回招集された選手たちは、単純にスタメン組と同タイプで序列が落ちる2から3番手ではなかったからだ。
 
【関連記事】
金田喜稔がキルギス戦を斬る!「看過できない川辺の奪われたあとの振る舞い。次をイメージしていたのか」
「日本とは天と地ほどの差が…」森保ジャパンの強さに敵国キルギスのファンも脱帽!「中学生が小学1年生と遊んでるみたいだ」
【セルジオ越後】キルギス戦よりEUROを見たほうが面白いよ。ハットのオナイウもアピールできたと勘違いしてはいけない
「ファミリーなんて泣ける」長友佑都が披露した胸熱“6ショット”が反響拡大!「いつか帰って来て~」
【日本代表5-1キルギス|採点&寸評】オナイウは見事なハットトリック! 川辺、坂元らもアピール

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ