【J1採点&寸評】柏5-1徳島|別格の江坂がMOM。“完全復活”の柏には高評価がズラリ

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年04月24日

柏――得点に加え、アシストも量産した10番を最高評価。

2ゴールを決めた呉屋。見事なパフォーマンスだった。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
39 神谷優太 6.5(82分OUT)

27分のCKでは、キッカーとして正確無比なボールを送り、江坂のヘディング弾をアシスト。ドリブル突破も光り、攻撃から守備への切り替えも早かった。ただ、50分の絶好機は決めたかった。

MAN OF THE MATCH
10 江坂 任 7.5

9分にはハイプレスから高い位置でボール奪取し、すかさず近くの呉屋へラストパス。序盤に貴重なアシストを決めた。さらに27分にはCKからヘディングでネットを揺らす。そのセットプレー獲得につながったシーンでも起点となっていて、3点目の場面では左サイドで攻撃を組み立てている。4点目は正確なクロスで仲間のゴールも演出した。得点に加えてアシストも量産し、その存在の大きさは別格。文句なしのMOMだ。

FW
19 呉屋大翔 7.5(75分OUT)

9分、プレッシングで連動したことで、相手からボールを奪った江坂からゴール前の絶妙な位置でパスを受ける。冷静にシュートを放ち、先制ゴールを決めた。さらに64分には巧みな動き出しで敵の背後を取り、冷静なフィニッシュで2ゴール目を奪う。また前線で身体を張り、ポストプレーでもよく貢献していた。
交代出場
FW
23 ペドロ・ハウル 6(75分IN)

高身長を生かしたポストプレーを披露。フィジカルの強さを見せたシーンもあった。足もとの技術も高く、秀逸なヒールキックパスも。

MF
29 アンジェロッティ ―(82分IN)

やや激し過ぎたかもしれないものの、献身的なプレッシングをこなす。動きは軽やかで、タッチも安定していて、コンディションは悪くなさそうな様子だった。

監督
ネルシーニョ 6.5

統制された守備ブロックを植え付け、前半のうちに3-0で勝負を決める。終盤には新助っ人のペドロ・ハウルとアンジェロッティを起用する余裕も。
【関連記事】
「完璧なパスなんて1本もなかった」柏が狙うボタフォゴのエースは本田圭佑の“通訳代わり”。尊敬の対象から「反ホンダ派」に…【現地発】
柏が獲得したDFエメルソン・サントスとは何者か?「2020年最悪のミス」で話題に…【現地発】
【バイタルエリアの仕事人】Vol.4 江坂 任|日韓戦で待望の代表デビュー!「本能的にプレーしていた」アタッカーに訪れたプロ入り後の転機
【バイタルエリアの仕事人】vol.4 江坂 任|明確な指針を与えてくれたオルンガと衝撃を受けたチームメイト。追求する理想像とは?
【柏】江坂任は代えがきかない存在か。理由となる“稀少なスキル”とは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ