• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】川崎 2-0 大分|MOMは2ゴールの三笘も…ともに評価したい川崎のCBコンビ

【J1採点&寸評】川崎 2-0 大分|MOMは2ゴールの三笘も…ともに評価したい川崎のCBコンビ

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年04月04日

川崎――三笘は2ゴールの活躍

2ゴールを決めた三笘。チームを勝利に導く働きをした。写真:滝川敏之

画像を見る

MF
47 旗手怜央 6(72OUT
登里の復帰を受け、存在感を放っていたSBではなく、インサイドハーフとしてプレー。ただ前半終了直後にピッチでコーチと話し込んでいたように、ポジショニングなどにやや迷いがあったか。素晴らしいパスの反面、ボールロストもあり、評価が難しい出来。「6」と「5.5」で迷うところ。足を痛めたようで途中交代したのも心配。
 
FW
41 家長昭博 6(80OUT
前半はボールキープで攻撃に関わり、後半には秀逸なパスを通した。ただこの日は決定的な仕事はできず。
 
18 三笘 薫 7(89OUT
セットプレーのルーズボールに誰よりも速く反応してゴールを奪うと、後半にはプレスから相手のミスを誘発して2点目。U-24代表ではやや不完全燃焼だった男が、チームを勝利に導いた。試合を通しては大分の対策もあり、選択肢やポジショニングを微調整しながらプレーしたように映った。
 
9 レアンドロ・ダミアン 6(80OUT
ストライカーとしてゴールを奪えなかったが、猛烈なプレスでチームに寄与。周囲に活力を与えた点は評価したい。それは交代時のサポーターからの拍手にも表われていた。「6.5」寄りの「6」というところか。
 
交代出場
MF
25 田中 碧 6(72IN
U-24代表で活躍した男は、この日はベンチスタート。2-0の状況でピッチに立ち、バランスを取った。
 
FW
19 遠野大弥 6(72IN
インサイドハーフに入り、その後はウイングでプレー。積極的に走った。2-0の状況だっただけに、敵陣深い位置では多くプレーはできず。
 
MF
22 橘田健人 ―(80 IN
全体の運動量が落ちつつあったところで、家長と交代。前に出られるシーンは限られたが、ルーズボールをしっかりクリアした。
 
FW
11 小林 悠 ―(80IN
相手との衝突でなかなか起き上がれないシーンも。ゴールを目指すには時間も展開的にもハードルが高かったか。
 
MF
16 長谷川竜也 -(89 IN
試合終了間際に投入される。アピールとはいかなかったが、ボールを追った。
 
監督
鬼木 達 6.5
再開の試合とあって、各選手の意識を揃えるのは難しい部分はあったはず。もっともしっかり勝利に導き「選手たちがよくチャレンジしてくれた」とコメント。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
【関連記事】
「タケは日本人のイメージと違った」ヘタフェの重鎮FWマタが語る久保建英の“素顔”「特に優れているのは…」【独占インタビュー】
「あらゆるビッグクラブが注目」冨安健洋の市場価値は“30億円超”と伊紙が激賞!「質の高さはDFというよりMFだ」
なぜ三笘薫はアルゼンチンを“抜けなかった”のか。内田篤人の見解は?「久保くんと違うのは…」
「タクミには感服したよ」サウサンプトンのレジェンドに直撃! 南野拓実の“素晴らしい強み”とは?【現地発】
【川崎】リニューアルオープンした「フロンタウンさぎぬま」。クラブの想いを体現する市民の“憩いの場”へ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ