• トップ
  • ニュース一覧
  • 【川崎】リニューアルオープンした「フロンタウンさぎぬま」。クラブの想いを体現する市民の“憩いの場”へ

【川崎】リニューアルオープンした「フロンタウンさぎぬま」。クラブの想いを体現する市民の“憩いの場”へ

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年04月01日

テーマは“安心・安全・清潔”

エントランスの様子。清潔感のある空間が広がり、壁にはプロジェクターを活用した映像が。写真:川崎フロンターレ提供

画像を見る

“FOOTBALL TOGETHER”

「一緒に楽しむ、育む──サッカーを通してスポーツ文化を高めていきたい」。川崎フロンターレの信念、クラブアイデンティティを表わした言葉だ。

 その言葉が飾られたフットサル施設「フロンタウンさぎぬま」(関東最大級の6面のフットサルコートなどを完備)が今年2月にリニューアルを果たし、4月には15周年を迎える。

 リニューアルのテーマは“安心・安全・清潔”だ。それは新型コロナウイルスの影響で一変した私たちの生活に寄り添った変化だとも言えるだろう。老朽化がひとつの理由であったリニューアルを経て、フロンタウンさぎぬまは、より魅力的な施設へと変貌しているのだ。

 老若男女問わず、地域の幅広い層に利用してもらうため、フットサルのみならず、フィットネス(ヨガ、ダンス、ボクシングエクササイズなど)やグラウンド・ゴルフなどで身体を動かすことができ、ホッと一息、長居したくなるような施設を目指して――。
 
 リニューアル後、エントランスに足を踏み入れると、清潔感漂うアットホームな空気に身を包まれる。張り替えられた床板は、トップチームがトレーニングする麻生のクラブハウス内でも使用されている水色や白色などを配色。これらのカラーは昨年オープンしたオフィシャルショップ「AZZURRO NERO(アズーロ・ネロ)」などでも使用されており、各施設での統一感を生み出しているという。また壁はマグネット式などポスターなどを綺麗に貼り付けられる工夫も施されている。

 そしてエントランス正面の壁にはプロジェクターで映し出された大きな映像が。新型コロナウイルスの感染拡大が落ちつけば、「フロンターレの試合映像を流して、皆さんで応援できるような場も作りたい」と副支配人の大木淳平さんは目標を語る。

 またエントランスの一角には個室となる授乳室を設置。隣接する公園「カッパーク鷺沼」には親子連れの姿もよく見られ、公園で遊んだ後に気軽に立ち寄れる場も目指しているのだ。

 大木副支配人は「公園の行き帰りにフロンタウンさぎぬまの前を通っていただける方が多いんです。夏には例年、公園で水遊びをする子どもたちもいます。公園で遊んだ後にふらっと立ち寄る、憩いの場にもなってくれたらいいですよね」と笑みを見せる。

 エントランスの横にはカフェスタイルの売店もあり、青々したフットサルグランドを目にしながら、ゆったり飲食することもできる。またはスクール生の保護者らが、子どもたちがボールを追う姿を見守れる場にもなるだろう。

 さらに面白いのはなぜか(?)焼き芋が販売されている点。スタッフの発案で以前から売り出しているというが、トップチームに所属する家長昭博らが笑顔で食べている写真なども飾られており、今後、ひとつの名物になるかもしれない。

【川崎PHOTO】リニューアルした「フロンタウンさぎぬま」の様子をお届け
【関連記事】
「最高すぎる写真」三好康児が披露した“豪華6ショット”にファン感動!「川崎こそ日本の宝」
「イタクラ2回目ぇーーーー!!」中村憲剛が川崎育ちの後輩たちの活躍に感激! ファンも共感「涙出てきた」
「僕と相手のマークの間に…」殊勲2発の板倉滉がCKの作戦を明かす。川崎の後輩、田中碧については…
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
「変幻自在なハーモニーの音色」川崎はJで例を見ない歴史を刻み始めているのかもしれない【コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ