【J1採点&寸評】仙台1-3鹿島|3得点全てに絡み、別格の存在感を見せた男をMOMに!攻守で大活躍のGKも高評価

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2020年11月22日

仙台――前半耐えて後半勝負のプランだったが…

チームは敗戦も、途中出場から自身3試合連続得点と1人気を吐いた長沢。写真:滝川敏之

画像を見る

FW
42 山田寛人 5.578OUT
後半は何度かビッグチャンスに絡んでシュートを放つなど、プレーの質はシーズン再開直後よりも上がっているのだが、シュートを決めきることができなかった。相手GKと駆け引きをする余裕が欲しい。
 
11 赤﨑秀平 5.5HT OUT
古巣相手にディフェンスラインとうまく駆け引きしてゴールチャンスを狙っていたが、チーム全体が守勢に回る時間が長く、ボールが回ってくる機会が少なかった。
 
14 石原崇兆 559OUT
縦へ仕掛けて行こうという姿勢はあったが、パワー不足の感は否めず、球際勝負でなかなか勝てなかった。相手のクロスへの対応で下がらざるをえない場面も多く、結果的に失点も防げなかった。
 
交代出場
FW
20 長沢 駿 6.5HT IN
「良いフィーリングでやれている」との言葉通り、今節も蜂須賀のクロスからヘディングシュートを決め3試合連続ゴール。冷静に周囲を見ることができ、この他にも決定機を作っており、好調は維持している。
 
DF
4 蜂須賀孝治 6.551IN
何度もクロスを上げられていたパラに代わって左SBに入り、守備を落ち着かせることができ、さらには精度の高いクロスで長沢のゴールをアシストすることに成功。FC東京戦よりもコンディションは上がっている。
 
MF
8 松下佳貴 5.551IN
FC東京戦同様、後半途中からの投入でボールを落ち着かせて決定機を作ろうと奮闘していたが、3点をリードされ、相手が自陣に引いたこともあり、なかなかスペースに入り込めなかった。
 
9 イサック・クエンカ 5.559IN
2失点を喫してからの投入。長沢と山田の連続シュートを演出するなど、決定機も作ったが、惜しくもゴールにはつながらず。
 
7 関口訓充 ―(78IN
プレー時間が短く、ゴールに絡むプレーは見せられなかったが、相手守備陣に猛然とプレッシャーをかけるなど、気持ちの入ったプレーは見せた。
 
監督
木山隆之 5.5
前半耐えて後半勝負のプランだったが、後半開始早々の失点でプランが崩れた。中6日の対戦相手に対し、中2日で選手をやりくりしなければならなかったのは厳しかったが、前半から左サイドをクロスで崩されていたので、後半頭からの選手交代などで対処したかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ