• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】仙台1-3鹿島|3得点全てに絡み、別格の存在感を見せた男をMOMに!攻守で大活躍のGKも高評価

【J1採点&寸評】仙台1-3鹿島|3得点全てに絡み、別格の存在感を見せた男をMOMに!攻守で大活躍のGKも高評価

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2020年11月22日

仙台――椎橋はくさびのパスから決定機を作ろうと孤軍奮闘

【警告】仙台=なし 鹿島=奈良(48分)
【退場】仙台=なし 鹿島=なし
【MAN OF THE MATCH】エヴェラウド(鹿島)

画像を見る

[J1・28節]仙台1-3鹿島/11月21日(土)/ユアスタ
 
【チーム採点・寸評】
仙台 5.5

前半はなかなか攻撃で前進できず、クロスを多く入れられてしまった。後半開始早々クロスからの失点後は、相手GKのフィードからとカウンターで失点を重ね、1点返すのがやっと。中2日の連戦でコンディションを調えるのが厳しく、ここ2試合の内容の良さを見せられなかった。

【仙台|採点・寸評】 
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 6
特に前半はファインセーブ連発で無失点での折り返しに大きく貢献した。しかし後半は3失点。いずれもGKが責められるべきものではなかったが、1失点目を止められていれば、違った展開になったかもしれない。
 
DF
36 柳 貴博 5
対面の相手に突破を許す場面が多く、中へ絞っての守備でも1失点目はエヴェラウドに競り負けてしまった。攻撃では何度かクロスは上げていたが、精度が低かった。
 
39 金 正也 5.5
前半は相手の攻撃陣に対し、よく身体を張れていて、ボールを奪った後はできるだけ前方へ縦パスを入れようと心掛けていたが、後半はマークにつききれない場面も多くなった。
 
13 平岡康裕 5
最後尾で相手の攻撃をよくはね返していたが、ミスからピンチを招くことも。後半の失点後はチーム全体が前へ出て行かざるをえなくなり難しい対応を迫られ、2失点目はロングフィードを上田に競り負けたことで、相手にシュートまで持ち込まれてしまった。
 
2 パラ 4.551OUT
疲労からかプレー精度が低く、相手に簡単にクロスを上げられる場面が目立った。後半開始早々自身のサイドからクロスを上げられて失点し、すぐに途中交代となった。
 
MF
5 椎橋慧也 6
くさびのパスから決定機を作ろうと孤軍奮闘。インターセプトからビッグチャンスも演出した。長沢のゴール時は左サイドにオーバーラップして、広瀬の注意を引きつけることに成功した。
 
26 浜崎拓磨 5.5
連戦の疲労は否めず、3失点目はパスミスが起点だった。それでも1点を返した場面はアシストした蜂須賀へのサイドチェンジのパスを出し、ゴールにつながるプレーを出そうという姿勢が実った。
 
6 兵藤慎剛 5.551OUT
広い視野を生かし、上手くサイドチェンジをするなど光るプレーもあったが、守備に追われる時間が長く、攻撃で持ち味を出し切れなかった。
【関連記事】
【鹿島】不敗神話継続の今季16点目!エヴェラウドが絶妙アシストの同郷MFに「唯一お願いしたこと」とは?
「試合を“壊す”ために久保を犠牲にするつもりだ」対戦するマドリー贔屓のメディアがエメリ監督を痛烈に皮肉る!
仏メディアが「2022年W杯の日本代表」の先発メンバーを大胆予想! 激戦区の攻撃陣はどうなる?
「彼は常にファイターだった」岡崎慎司の復帰を地元紙が歓迎! ウエスカ監督はスタメン起用に意欲
「殺したかった」イブラとミハイロビッチが最悪の“出会い”を告白!「ピッチ上でやり合い…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ