• トップ
  • ニュース一覧
  • 「彼は常にファイターだった」岡崎慎司の復帰を地元紙が歓迎! ウエスカ監督はスタメン起用に意欲

「彼は常にファイターだった」岡崎慎司の復帰を地元紙が歓迎! ウエスカ監督はスタメン起用に意欲

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月21日

監督も待ちかねた、待望の復帰を果たす

オサスナ戦で1か月半ぶりにピッチに復帰した岡崎。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月20日に行なわれたラ・リーガ第10節のオサスナ戦で、ウエスカに所属する日本代表FW岡崎慎司が1か月半ぶりにピッチに登場した。

 岡崎は10月3日のエルチェ戦で左ハムストリングを負傷。以降、戦線を離脱して治療とリハビリに務めていた。当初は復帰まで2~3週間とされていたが、これまでリーグ戦5試合を欠場していた。

 このアウェー戦で負傷後初のベンチメンバー入りを果たした岡崎は、68分に1-1に追いつかれて迎えた75分から登場。ゴールを奪うことはできなかったが、積極的なプレッシングや精力的な動きで前線を活性化した。
 
 今シーズンに1部昇格を果たしたウエスカは、いまだ未勝利。この試合も引き分けに終わったが、ウエスカの地元紙『Sport Aragon』は岡崎の復帰を歓迎している。

「ピッチに岡崎が戻ってきたことは、チームにとって最も喜ばしいニュースだ。何かを起こすことは出来なくても、彼はボール際で常にファイターだった。前線に躍動感を加えた」

 ミチェル監督は試合後に岡崎について「もう大丈夫だと聞いているが、慎重に見極める。ただ、可能なら先発も考えたい」とコメントしており、34歳のベテランストライカーの復帰を喜んでいる。ウエスカは28日にはセビージャとホームで対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「岡崎から香川まで…日本人にはがっかり」サラゴサ対マラガを前に“ダブル・シンジ”を地元メディアが批判!「近年最大の失望のひとつだ」
「ウエスカの大きな希望」岡崎慎司がラ・リーガ初勝利のカギに! 現地紙記者がその復帰を熱望
「試合を“壊す”ために久保を犠牲にするつもりだ」対戦するマドリー贔屓のメディアがエメリ監督を痛烈に皮肉る!
「ひとりの人間のおかしな判断で…」ファン・ダイクの大怪我にクロップがピックフォードへの“本音”を吐露!
「メッチャ可愛い」ハーランドが公開した弟妹とのスリーショットが大反響!ファンからは思わぬ要求も?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ