仏メディアが「2022年W杯の日本代表」の先発メンバーを大胆予想! 激戦区の攻撃陣はどうなる?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月21日

フォーメーションは4-2-3-1を採用

4バックに予想された(左から)酒井、吉田、冨安、菅原。なかなか大胆な見立てだ。 写真:龍フェルケル、(C)Getty Images

画像を見る

 2022年のカタール・ワールドカップで、日本代表は一体どんなメンバー構成になっているのだろうか?

 仏メディア『90min』は、森保ジャパンについて、「長年にわたってアジアの強豪国のひとつとして活躍してきた日本は、今後も話題になるに違いない。ヨーロッパで腕を磨き、進化しているいくつかの偉大な才能を含めた日本代表は、2022年のワールドカップで大きな成果を上げることを期待されている」と紹介。「2022年W杯のポテンシャルを秘めた先発11人」という特集を組み、スティーブン・オッチピンティ記者がカタールW杯で先発が予想されるプレーヤーを発表している。

 フォーメーションは4-2-3-1。GKにはシュミット・ダニエルを据えた。選出の理由は、「この代表ウィーク中も、権田修一との激しいポジション争いをしているが、彼はライバルよりも2歳年下であり、ベルギーで修業中だ。次回のメジャーな大会でポジションを獲得する要素を備えている」としている。

 4バックは、右から菅原由勢、冨安健洋、吉田麻也、酒井宏樹というメンバーになっている。
 

中盤の底には橋本(左)と柴崎(右)のコンビを予想。先のパナマ戦で活躍した遠藤航はチョイスしなかった。 写真:龍フェルケル、(C)Getty Images

画像を見る

「不動の主将」の吉田、「22歳で文句をつけようがない」と評された冨安のCBコンビは不動だが、目を引くのは両SBだろう。右には「日本を代表するタレントのひとり」とした菅原の抜擢を大胆予想。「弱冠20歳ながらもすでにエールディビジで2年目を迎えた。オランダのクラブでどうすれば勝利するのかを学び、それは日本代表での居場所を保証することにもつながる」と、期待を寄せている。
 
 そして菅原が右SBに定着することで、マルセイユでも左SBを経験している酒井が逆サイドにコンバートされると予想。普段から酒井のプレーをよくチェックしているフランス・メディアならではの見立てと言えるかもしれない。

「菅原が右サイドに定着することで、酒井はその場所を変える可能性がある。普段は右SBとして名を馳せているが、マルセイユの選手はクラブで何度も進化を遂げてきた。日本代表はその恩恵を受けることができるはずだ。30歳の酒井が、日本代表として最後の試合を経験するにはまだ早い」

 ボランチに選んだのは柴崎岳と橋本拳人のコンビ。「柴崎は日本代表の仕掛けには不可欠なようだ。代表ウィークで4試合すべてに出場し、今後もその居場所を失う可能性は低い」と予測。また、橋本は「ヨーロッパに上陸したばかり」としながらも、「チームで非常に重要な存在となっている。もちろんこれからの出来に左右されるが、成功するための条件を備えていると言えるだろう」と評した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ