羽ばたいた本田、長友、香川、吉田…指揮官・反町康治は惨敗の北京五輪をどう捉えたか?【名勝負の後日談】

カテゴリ:連載・コラム

加部 究

2020年06月06日

五輪本番を迎えるまでに83人を招集。2段階での強化策を描いて本大会へ

北京五輪の初戦・アメリカ戦のスタメン。本田(後列右端)のほか、長友(前列左端)、香川(同左から2番目)らが名を連ねた。(C) Getty Images

画像を見る

 北京五輪へ向けてのチームが始動したのは、ドイツ・ワールドカップを終えた2006年8月で、イビチャ・オシムが指揮するフル代表とほぼ同時期だった。反町は最初の中国遠征に出かける前にオシムに声をかけられている。

「毎試合、どのポジションでもいいから、おまえが一番良いと思う選手をひとり連れて来てくれ」

 この関係はオシムが倒れ、岡田武史が代表監督を引き継いでからも続いた。本田圭佑を推薦したこともあれば、長友の起用を打診したこともあり、香川真司の場合は岡田から「アイツ、いいな。ちょっと持っていくぞ」と言われた。

 それから反町は、五輪本番を迎えるまでに83人の選手たちを招集して来た。その上で2段階の強化策を描いていた。
「とにかく予選を勝ち抜くことに全神経を傾ける。そして予選を勝ち抜いたら、新しい選手たちを融合させていく。つまり予選は予選、本戦は本戦。いくら将来性があっても、いきなり予選途中の大一番で使うわけにはいかない。残念ながら五輪はしょせん即席チームなんだ」

 予選は長丁場なので、時間をかけてチームを熟成していくことが出来る。しかし予選を突破すれば、成長度合いの著しい選手との入れ替えが進み、場合によってはオーバーエイジで補強する。個々の質は高まるかもしれないが、逆にチームの完成度を追求するのは難しい。

 結局2年間で顔ぶれは大幅に変わった。最初の中国戦に招集され、北京五輪に辿り着いたのは、守護神の西川周作、フィールドプレイヤーでは、本田圭佑、梶山陽平、本田拓也、豊田陽平の5人で、下の世代からは香川、内田篤人らが突き上げ、U-20韓国代表候補の合宿に参加経験を持つ李忠成も日本国籍を取得して早い段階から加わっていた。そして反町は、こうした競争の激化を「むしろ良いこと」とポジティブに捉えていた。

 日本陣営は初戦の相手米国を分析し「オーソドックスで勢いはあるが、十分に勝てる」と読んでいた。実際試合が始まっても、オーバーエイジ3人を加えた米国の前への圧力は弱く、日本はしっかりとボールを回すことが出来ていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ