• トップ
  • ニュース一覧
  • 1年でのJ1復帰は叶わず、無念の12位止まり…V・ファーレン長崎が強いられた苦戦の“引き金”

1年でのJ1復帰は叶わず、無念の12位止まり…V・ファーレン長崎が強いられた苦戦の“引き金”

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2019年11月28日

「そういうことじゃないんだって話を…」(手倉森監督)

今季から指揮を執った手倉森監督。2年目の来季に期待が懸かる。写真:滝川敏之

画像を見る

「紅白戦でも互いに要求し合おうと話しているんだけど、それがミスに対しての厳しい言葉になってしまっている。そういうことじゃないんだって話をしてきたんだけどね」(手倉森監督)

「選手は残ったんですけど、新しいやり方やスタイルのところで、監督交代は大きかった。僕もついていくのに必死で、もしかすると、自分のことばかり考えていたのかもしれない」(髙杉亮太)

 昨季からの選手中心で臨み、ルヴァンカップでのグループステージ突破や、天皇杯準決勝進出を達成したチームが、口々に一体感を語っていたのとは対照的だ。
 
 新強化部の手腕に問題があったわけではない。呉屋大翔、カイオ・セザール、ビクトル・イバルボ、秋野央樹といった大型補強を成功させ、専修大の氣田亮真、桃山学院大の毎熊晟矢、JFAアカデミー福島の加藤聖と植中朝日ら有望株を加入内定させた事実からもそれは明らかだ。それだけに、スムースな引き継ぎや準備ができていれば、リーグ戦の結果が変わっていた可能性もある。

 近日中にクラブは新任の強化部長を発表する予定だ。複数年契約を結んでいる手倉森監督は続投が規定路線である。年末に控える天皇杯、勝負となる来季のためにも、クラブは同じ轍を踏まないよう、入念な準備を期待したい。

取材・文●藤原裕久(フリーライター)
 
【関連記事】
「諦めるような奴はもうチームに来るな!」長崎・手倉森監督が痛恨の敗戦後に語った想い
「もっと死に物狂いにやろうや」長崎の隊長・角田誠が示す覚悟と献身性に、ドラマの予感は十分だ!
【セルジオ越後】2年前から現状維持のレッズと世界基準を揃えたアル・ヒラル。キャスティングの差は明白だった
カズがピッチ上でJ1昇格!「毎日上手くなりたいと思ってやってきた」13年ぶりのJ1へ、想いを語る
「若い奴らが増えた」「今年ダメなら移籍も…」横浜FC、13年ぶりJ1昇格の裏側に見えた意外なサポーター事情と選手たちの率直な想い

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ