【セルジオ越後】2年前から現状維持のレッズと世界基準を揃えたアル・ヒラル。キャスティングの差は明白だった

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月25日

アル・ヒラルは2年前の決勝当時よりもクオリティの高いメンバーを揃えてきた

アル・ヒラルの表彰式を見つめる槙野(5番)と興梠(30番)。この敗北をどう受け止めるのか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ACL決勝のレッズ対アル・ヒラルは埼玉スタジアムでの第2戦を2-0でモノにしたアル・ヒラルが2戦合計3-0として優勝したね。ACLとなってからは初、アジアクラブ選手権時代を含めると、最多タイの3度目のアジア制覇となった。

 2連敗という結果も表わすように、レッズにとっては完敗の結果だった。チームとしての力の差はもとより、個々のキャスティングも全然質が違っていたし、内容的には5、6点取られてもおかしくないような差があった。

 2年前にアル・ヒラルは決勝でレッズに敗れて準優勝に甘んじたけど、今回はその当時以上のメンバーを揃えてリベンジしてきた。とりわけ、外国人選手のクオリティに関しては段違いの差があったよね。真ん中に二人掛かりでもなかなかボールが取れないような巨漢のゴミスを置いて、その周辺では高い技術を持つジョビンコがポイントを作る。コパ・アメリカで準優勝したペルー代表のカリージョの突破力も圧巻だった。いずれもワールドクラスの選手たちだ。

 それに対して、レッズは今シーズンを象徴するような出来だった。得点が入りそうな気配と言ったら、興梠が個人で突破したシーンだけで、采配で最終局面を打開するような手は打ちようがなかった。クロスを放り込んで五分五分の勝負を挑んでもアジア有数のDFが立ちはだかる。外国人もそうだけど、向こうは自国の選手もほとんどサウジアラビア代表で固めたチームだからね。交代選手を投入しても相手の勢いは落ちなかった。

 レッズで一番目立っていたのが2試合ともGKだったというのも完敗を物語っている。ここまでの勝ち上がりを見ても、守って守って興梠が点を取って。なんとかギリギリのところで勝利を得るというパターンが多かった。だが、今回ばかりは同じ轍を踏むまいと戦力を強化してきたアル・ヒラルに及ばなかった。

 とにかく、今回のレッズはアル・ヒラルとのキャスティング力で大きな差を見せつけられた。高い能力を備えた選手を揃えて、監督もしっかりチームを機能させていた。総合的に見て、アル・ヒラルは優勝に相応しいチームだったよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ