【東京五輪世代の最新序列】コロンビア戦後の変化は?先発した久保と堂安の位置づけは…

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年11月18日

コロンビア戦で奮闘し、序列を上げたのは…

菅原はコロンビア相手に健闘。アピールに成功したと言えそうだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【ストッパー(右)】
◎岩田智輝(大分)
△橋岡大樹(浦和)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 コパ・アメリカ以降、飛躍的に存在感を高めているのが岩田。スピードと豊富な運動量で推進力をもたらせる存在だ。U-22コロンビア戦でもミスが見られた守備時の判断の精度が改善されれば、1番手の地位をより固められるだろう。続く橋岡は対人能力が魅力も、プレーの粗さを修正したい。また原がここで起用される可能性もある。

【ストッパー(左)】
◎板倉 滉(フローニンヘン)
△瀬古歩夢(C大阪)
出場停止により不参加:町田浩樹(鹿島)

◎=レギュラー候補 〇=有力 △=バックアッパー


 出場停止処分(10月のブラジル戦での退場の影響)により不参加となった町田に代わって招集された瀬古は、広島とのトレーニングマッチで好アピール。しかし、A代表にも選ばれ、オランダのフローニンヘンでも定位置を掴んでいる板倉は外せない。U-22コロンビア戦でも堅実なプレーを披露した。
 
【ウイングバック(右)】
◎菅原由勢(AZ/オランダ)
△長沼洋一(愛媛)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー


 コロンビアのフィジカルとスピードに必死に食らいつき、攻撃でも可能性を感じさせた菅原は、アピールに成功したと言える。序列の1番手に浮上した。広島との練習試合で右ストッパーを務めた橋岡は、菅原に次ぐレギュラー格としても計算されていて、今回は追加招集だった長沼はさらなる奮起が必要だ。

【ウイングバック(左)】
○菅 大輝(札幌)
負傷で不参加:遠藤渓太(横浜)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー


 遠藤がレギュラー候補だったのだが、今回は直前のリーグ戦で負傷し、参加を断念。ただし札幌でも左ウイングバックを務める菅が、代役不在のなかで先発したU-22コロンビア戦で悪くないパフォーマンス。レギュラー争いに割って入りそうだ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】五輪本番レベルのプレスに完敗のU-22森保Jだけど、一番の問題点はピッチ外だよ
【戦評|U-22代表】「東京五輪、大丈夫?」不安膨らむコロンビア戦で噴出した最も深刻な課題は…
U-22日本代表の橋岡大樹が堂安律との散歩姿を投稿!握手を求められたファンからの“つらすぎる”一言は…
【U-22日本代表】新鮮な立ち位置、途中出場の久保…0-1敗戦も広島との練習試合で得た収穫
【U-22日本代表|採点&寸評】広島との練習試合で21人を起用!途中出場の久保が流れを変える

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ