【セルジオ越後】五輪本番レベルのプレスに完敗のU-22森保Jだけど、一番の問題点はピッチ外だよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月17日

いざ相手が本気を出してプレスを掛けてきたら、日本はなすすべがなかった

U-22代表に初の合流を果たした堂安だがインパクトを残せず。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 東京五輪世代のU-22日本代表がU-22コロンビア代表と対戦した国際親善試合は0-2の完敗だった。来年の五輪に向けて、初めての国内でのテストマッチということで、世間の注目も集めてお客さんもたくさん入ったようだけど、かなり期待外れな内容だったね。


 スコアは2点差だけど、それ以上の力の差を見せつけられた印象だ。メディアはこぞって“ベストメンバー”が揃ったと、耳に聞こえの良い謳い文句で煽ったけど、実際のところはどの顔ぶれが“ベスト”なのか、もう一度考え直さなければならないような試合だった。

 日本はまず、ディフェンスラインとボランチのつなぎにスムーズさがないから展開力がまるでなかった。前半の最初の10分くらいはコロンビアも様子見だったようだから、注目された堂安や久保にもやってくれそうな予感があったけど、いざ相手が本気を出してプレスを掛けてきたら、日本はなすすべがなかったね。まさしく、これが五輪の本番レベルのプレスだって感じの守備だったよ。

 旗色が悪くなってきた日本は、堂安と久保に預けるのはいいんだけど、彼らの個人技だけでかわせるほど、相手の守備は甘くない。囲まれて取られて、カウンターで押し戻されて……。前半はそんな光景の繰り返しで、後半は後ろも耐え切れなくなって失点。2点を取ってからは相手も余裕が出てきて、得点者は交代で下げるし、ちょっと遊ばれている感じもしたよ。

 日本は2シャドーばかりボールを触っていて、サイド攻撃らしきものはほとんどなかった。この試合で割を食ったのは最前線の上田だったんじゃないかな。サイド攻撃がないチームは、たいていFWが孤立してしまうものだからね。

 もちろん、五輪最終予選へ向けてチームを仕上げてきたコロンビアが良いパフォーマンスを見せていたのは分かるけど、それにしても日本はあまりにも何もできなかった。こうなると、ベストメンバーがどれなのかはもとより、オーバーエイジをどこに使ったらいいのかも一から考えなければならないね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ