タジキスタン戦で先発もあるか!? 成長著しいCB畠中槙之輔が渇望する「ステップアップ」

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年10月13日

スペイン人指揮官の下、かつての自分を取り戻す

東京Vではロティーナ監督(現C大阪監督)との出会いが大きかったという。「CBがつなぐ重要性を教えてもらいました」。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 そして翌年の17年に東京Vに復帰。古巣の新監督には、スペイン人指揮官のロティーナ(現セレッソ大阪監督)が就任していたが、「ロティーナと出会って、自分のプレースタイルも確立された」と、この智将との出会いがターニングポイントになる。

 畠中というCBのストロングポイントを挙げるとすれば、真っ先に思い浮かぶのが、攻撃の第一歩にもなる縦パスだろう。元々、10代の頃から後方からの配給は得意で、自分が育った環境も良かった。

「育成年代では、自分たち(東京Vの下部組織)はけっこう強いほうだと思っていて、言い方は悪いかもしれないですけど、余裕でボールを回せるみたいな」

 ボールを支配できるチームで、パスのスキルに磨きをかけた。

 ただ、プロになってからは、先述したとおり、試合にさえ出られない日々が続き、自分の武器を披露する場も、自信も失っていく。それでも、町田で復活の兆しを見せて、そして“ボールを握る”ことを重視するロティーナ監督の指導を受けて、かつての自分を取り戻すことになる。

「CBがつなぐ重要性を教えてもらいました」

 パス出しは得意だったはずだが、「久しく縦パスとか入れてなかったから、ちょっと感覚も忘れていて」、当初はつなぎのところで戸惑うこともあった。
 
 だが徐々にロティーナ戦術を体現できるようになっていく。同じチームにいた永田充の存在も大きかった。
「パス出しとか、すごく上手くて。それを見て、長短のボールを使い分けることを覚えました」

 この17年シーズンは27試合・2得点の成績を残す。コンスタントに試合に絡んで、ようやく自分らしいプレーを出せるようにもなった。
「そこからですね、配給が武器って、自分でも言えるようになったのは」

 さらに、ロティーナ監督の下では、ボールを受ける前の効果的なポジショニングも学んだ。相手のFWとサイドにいる選手のちょうど中間あたりに位置取るようにする。どっちが畠中にプレスをかけに行くのか。相手のその判断を惑わすようなポジショニングを心がけた。

 そうすることで、マイボールにした後の行動がスムーズにもなる。畠中はオフ・ザ・ボールの時、頻繁に首を振って周りを確認しているが、それはパスの受け手を探しているというより、相手を見ているという。

「どっちかと言えば、自分にプレスをかけにきそうな相手を見ていますね。その状況次第で、中に絞ったり、外に開いたりして。それで相手が食いついてくればスペースが空くし、こなければ自分で運べるので」

 CBとして、できることが増えた17年シーズンでもあった。町田を経て、プロでやっていけるという自信が確信へと変わっていった。
 
【関連記事】
【モンゴル戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「正直、チャレンジしてみたい」代表初招集、畠中槙之輔の心をくすぐった欧州組との会話
【横浜】「SBに下げても――」アタッカー遠藤渓太の成長と気概が感じられたワンプレー
【横浜担当コラム】「点」と「点」が「線」にならず…歯がゆさを感じる完敗
【横浜】喜田拓也が言う先制点の「ちっちゃい差」に、攻撃の“凄み”が凝縮されている

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ