マドリーの18歳、久保建英とロドリゴを現役イタリア人監督が徹底分析!「彷彿させるのはモドリッチ。将来はシルバのように…」

カテゴリ:メガクラブ

ロベルト・ロッシ

2019年08月12日

久保は「9.5番」ではなく、「8.5番」タイプ

バジャドリーへのレンタル移籍が取り沙汰される久保。新シーズンはどのカテゴリーでプレーするのか。(C)Getty Images

画像を見る

 キャリア的には、1年早くマドリーに加入したヴィニシウス・ジュニオールとまったく同じ道を歩んでいる。というよりも、ポジションはもちろんタイプ的にもクオリティー的にも瓜二つと言えるほど似通っており、すでにライバル関係にあると言っていい。

 現時点ではヴィニシウスが一歩先を行っているが、それは1歳年上であり1年早くヨーロッパにやってきたからという以上の理由ではない。潜在的な能力の高さでは、むしろロドリゴがヴィニシウスを上回っているように見える。

 したがって課題は、その潜在能力をチームの戦術的な文脈の中で効果的に活かし、トップレベルの舞台で決定的な違いを作り出すプレーヤーに成長できるかどうか。これはC・ロナウドやネイマールからサラー、スターリングまで、傑出したドリブラーが偉大なアタッカーに成長し脱皮する過程で必ず通ってきた道だ。ロドリゴにとっても、そこが今後数年の成長過程における、最も大きな課題になるだろう。
 
 一方の久保は、身長こそ173センチとロドリゴとほぼ変わらないが、より重心が低く筋肉量もやや多い体格の持ち主だ。得意とするポジションはウイングではなくトップ下。爆発的なスピードに欠けるがゆえに1対1で相手をぶっちぎる突破力は持っていないが、左足の高いテクニックと優れた状況把握・判断力を武器とし、シュートよりもむしろパス、アシストでラスト30メートルに決定的な違いを作り出す力を備えた攻撃的MFだ。

 ペナルティーエリア内に入り込んでフィニッシュに絡むよりも、敵2ライン(DFとMF)間を舞台にそのひとつ、ふたつ前のプレーで決定機をお膳立てするタイプ。その意味ではトップ下と言ってもいわゆる9.5番タイプではなく、よりMFに近い8.5番タイプと言ったほうがいいだろう。

 プレシーズンマッチで得た出場機会に見せたプレーには、フィリッペ・コウチーニョやベルナルド・シルバのようなアタッカー色の強い攻撃的MFを彷彿させる部分があった。とはいえそれは、まだ開幕前でプレーのインテンシティーが低いゲームでの話だ。シーズンが始まり、インテンシティーが高まってスペースと時間がさらに圧縮されれば、ゴールに近いところで違いを作り出す難易度は大きく高まる。

 現在の久保は、状況判断やプレー選択という戦術的な側面でも、そしてとりわけフィジカル的な側面(スピード、パワー、クイックネス)でも、そこで違いを作り出す力はついていないように見える。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ