ロベルト・ロッシ 新着記事

「世界最高峰のCF」ケインを徹底分析。技術的、戦術的、メンタル的な強みとは?

 トッテナムに所属するイングランド代表FWのハリー・ケインは、現時点において世界最高峰のCFのひとりだ。ストライカーにとっての最重要タスクである得点力において卓越していることはもちろん、ビルドア... 続きを読む

マンCの「チームアタック」に不可欠なGK、SB、アンカーの機能は?

 ジョゼップ・グアルディオラが指揮するマンチェスター・Cは、最終ラインからパスを繋いで攻撃を組み立て、ポゼッションを通してボールと地域を支配してゲームの主導権を握って戦うというフィロソフィーを持... 続きを読む

ネイマールをトップ下に抜擢! パリSGの「新チームアタック」を徹底分析

 今シーズンからパリSGを率いるトーマス・トゥヘル監督は、これまで率いてきたマインツとドルトムントにおいて、ポゼッションによるゲーム支配とゲーゲンプレッシングによる即時奪回を組み合わせ、常に敵陣... 続きを読む

現役イタリア人監督が徹底分析! 日本を切り裂いたデ・ブルイネの最大の長所は?

 繊細なタッチでボールを操り、決定的なパスでチャンスを作り出せば、ドリブルで敵陣を切り崩し、正確なシュートで自らゴールを奪う――。いまや世界最高峰の攻撃的MFと言えるのが、フィリッペ・コウチーニ... 続きを読む

[コウチーニョのテクニック分析]際立つのが密集地帯でのボールコントロールと多彩なキック

 繊細なタッチでボールを操り、決定的なパスでチャンスを作り出せば、ドリブルで敵陣を切り崩し、正確なシュートで自らゴールを奪う――。いまや世界最高峰の攻撃的MFと言えるのが、フィリッペ・コウチーニ... 続きを読む

イタリア人監督が西野ジャパンを徹底分析!「コンセプトはザック時代に戻った」「ラスト30mの攻略は…」

 監督交代は、基本的なコンセプトのレベルから明らかな変化をもたらした。  早いタイミングで縦にボールを運んで2ライン間に素早く送り込むというハリルホジッチ時代のコンセプトは棚上げされ、後方からパス... 続きを読む

[若手スピードスター分析(4)]プリシッチは急激な加減速と方向転換が武器だ

 一瞬のアジリティーや爆発的な加速で違いを作り出す「スピードスター」は、いつの時代もフットボールに熱狂を誘う存在だ。その新世代と言えるレロイ・ザネ(マンチェスター・C)、キリアン・エムバペ(パリ... 続きを読む

[若手スピードスター分析(3)]デンベレの才能は一級品。バルサで生き残れるか?

 一瞬のアジリティーや爆発的な加速で違いを作り出す「スピードスター」は、いつの時代もフットボールに熱狂を誘う存在だ。その新世代と言えるレロイ・ザネ(マンチェスター・C)、キリアン・エムバペ(パリ... 続きを読む

[若手スピードスター分析(2)]エムバペの速さと迫力はあのフェノーメノを彷彿

 一瞬のアジリティーや爆発的な加速で違いを作り出す「スピードスター」は、いつの時代もフットボールに熱狂を誘う存在だ。その新世代と言えるレロイ・ザネ(マンチェスター・C)、キリアン・エムバペ(パリ... 続きを読む

[若手スピードスター分析(1)]ザネの高速カウンターはまさに無敵だ

 一瞬のアジリティーや爆発的な加速で違いを作り出す「スピードスター」は、いつの時代もフットボールに熱狂を誘う存在だ。その新世代と言えるレロイ・ザネ(マンチェスター・C)、キリアン・エムバペ(パリ... 続きを読む

ロナウドはなぜ「フェノーメノ」だったのか? 現代でも通用するか?

 ロナウドことロナウド・ルイス・ナザリオ・デ・リマは、ピッチ上で見せたピーク時のパフォーマンスだけを見れば、クリスチアーノ・ロナウドを超え、リオネル・メッシやディエゴ・マラドーナの全盛期と肩を並... 続きを読む

「若き司令塔」ジャカはアーセナルのスタイルに適合できるか?

 ヴァーディー、カンテなど、補強では失敗が続いているアーセナルだが、そんな彼らがいち早く獲得したのが、ボルシアMG所属のスイス代表MF、ジャカだった。  4500万ユーロという巨額の移籍金で加入し... 続きを読む

【イタリア人監督の日本評|後編】強豪との真剣勝負で、どこまでやれるか?例えば相手がイタリアなら2-1、3-2は有り得るが…

 キリンカップの2試合は1勝1敗。ブルガリア戦では大量7点を奪ったものの、続くボスニア・ヘルツェゴビナ戦は1点にとどまった。一方、守備では2試合ともに2失点を喫している。 この欧州代表チームとの... 続きを読む

【イタリア人監督の日本評|前編】組織戦術の観点で言えば、これほどオーガナイズされた代表チームは世界でも少ない

 キリンカップの2試合は1勝1敗。ブルガリア戦では大量7点を奪ったものの、続くボスニア・ヘルツェゴビナ戦は1点にとどまった。一方、守備では2試合ともに2失点を喫している。 この欧州代表チームとの... 続きを読む

【現役監督によるユーベ対ミラン戦の戦術分析】不可解だったアッレグリ監督のシステム選択

 結論から言えば、内容的には0-0が妥当な試合だった。両チームとも、勝利を手に入れるに相応しいだけのパフォーマンスを見せられなかったからだ。  試合そのものは、ユベントスが終始主導権を握り、ミラン... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ