【新連載・東京2020】小川航基/前編「怪物FW誕生秘話。名門校で頭角を現わすまでの道程」

カテゴリ:日本代表

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年04月01日

実績ゼロの男が1年から名門校のレギュラーに。怪我を乗り越え、世代別代表へ

1年次からレギュラーで出場。2年次に右足の半月板を損傷したが、年明けに世代別代表入りを果たした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

――高校サッカーへの憧れを持って桐光学園に入学すると、いきなりレギュラーを掴みました。その理由や要因は?
 
「(鈴木勝大)監督の心境は分からないですけど、我慢して試合に使ってくれたのかなと。1年生で未熟なところもありましたけど、FWの才能を見出してくれました。監督に対しては自分を使ってくれてありがたい気持ちしかなかったです。入学直後は途中出場でしたが、試合に起用してくれるのですごく嬉しかった。上級生の中に混じっても、やれる手応えはありましたね」
 
――1年次を振り返ると、どういう年でしたか?リーグ戦でも低迷し、インターハイでは全国を経験できていません。選手権も本大会の3回戦で四日市中央工に0-1で敗れ、結果が出ませんでした。
 
「試合に出させてもらっていましたけど、プレミアリーグEAST(編集部・注/高校年代最高峰のリーグ)で1勝しかできませんでしたし、選手権でも3回戦で負けて自分のふがいなさを実感した1年でした」
 
――結果を出すと意気込んで臨んだ年でしたが、2年生の時は怪我に悩まされました。
 
「2年生の時は右足の半月板を痛めてしまい、復帰してまた離脱。これを4回ほど繰り返しました。正直、治るのかなという感覚になってしまって......。大きな怪我をした経験がなかったので、復帰した後に少し焦りがあったと思うんです。

そして、無理な体勢からシュートを打って、また痛んでしまった。当時は未熟でしたね。結局、4回目の時に手術を決断して治ったのですが、試合にもまったく出られなかったですし、チームもインターハイ予選で負けてしまいました。その瞬間にスタンドで感極まったのは、今でも覚えています。本当に2年生の頃は怪我と向き合った1年でしたね」
 
――2年生の最後に代表に選ばれましたが、その時の心境は?(編集部・注/2015年1月のロシア遠征でU-18代表に初招集)
 
「本当に急でした(笑)。プリンスリーグ(関東)の最終節、前橋育英戦の前日に監督から『代表のスタッフがお前を見に来るらしいぞ』と言われたんです。国体にも選ばれず、トレセンの選考会にも行けなかった。なので、監督から代表というワードを聞いたときは、『え?』って感じでしたね。

でも、選ばれた時に嬉しかったのと同時にやってやるぞという気持ちがあった。実際に行くと、やれるなという感覚がありましたね。代表では動き出せば、ゴールに直結するボールが出て来る。パサーがこういう質のボールを出せるというのを知ったので、チームに還元したいと思いましたね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ