松尾祐希(サッカーダイジェストWEB) 新着記事

昌平高出身の松本泰志が過ごす充実のプロ3年目。東京五輪を目指す黒子の心意気

 松本泰志、20歳。昌平高ではゴールやアシストで魅せるアタッカーとして名を馳せ、目覚ましい活躍を見せた。だが、プロ入り後は高校時代の面影を見せず、ボランチとして新境地を開いている。本人も〝黒子役... 続きを読む

【連載・東京2020】岩崎悠人/後編「京都発、札幌経由、東京行き――。4年に1度の祭典に懸ける想い」

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。 2回目は、世代屈指の突破力を誇る岩崎悠人が登場。京都橘高ではキャプテンとしてチームを牽引し... 続きを読む

【連載・東京2020】岩崎悠人/中編「人生を変えた京都橘高での3年間。巡り合った恩師との出会い」

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。 2回目は、世代屈指の突破力を誇る岩崎悠人が登場。京都橘高ではキャプテンとしてチームを牽引し... 続きを読む

【連載・東京2020】岩崎悠人/前編「知られざる幼少期の物語。なぜ、一度離れた故郷に戻る道を選んだのか」

 2020年に開催される東京五輪。本連載では、活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る。 2回目は、世代屈指の突破力を誇る岩崎悠人が登場。京都橘高ではキャプテンとしてチームを牽引し... 続きを読む

幼少期を知る元レアル下部組織指揮官の証言。中井卓大の魅力と渡欧6年間での進化

 10歳でスペインに渡り、早6年。高校1年目を迎えた中井卓大が4月19日から21日まで行なわれたキリンレモンカップにレアル・マドリーの一員として参戦し、チームの準優勝に貢献した。  チームでは4-... 続きを読む

レアル中井卓大と6年ぶりの再会―― 桐光学園の1年生MFが明かす旧友からもらった刺激

 実に6年ぶりの再会だった。  U-16世代の強豪が参戦する“キリンレモンカップ”が4月19日に開幕。レアル・マドリーの中井卓大の凱旋で注目を集めており、ユースカテゴリーの... 続きを読む

レアルの15歳・中井卓大は日本人初となる“トップ昇格”を果たせるのか――。「18歳」がひとつの分岐点に

 小学4年生の時に海を渡り、レアル・マドリーの下部組織でプレーをする中井卓大。現在15歳の若武者は異国の地でトップチーム昇格を目標を掲げ、奮闘を続けている。  中井は今春に日本で言うところの高校1... 続きを読む

変化と踏襲――ジェフ千葉の絶対軸、佐藤勇人が明かす監督交代後の状況とJ1昇格への道筋

 開幕から僅か4試合で監督交代に踏み切った千葉。フアン・エスナイデル前監督がチームを去って早1か月が経過し、江尻篤彦監督のもとで5試合を戦った。  その間の成績は2勝2分1敗。4節までが2分2敗だ... 続きを読む

下部組織へ受け継がれる“鹿島の伝統”。小笠原満男アカデミー・アドバイザーの存在意義を中村幸聖新監督が語る

 昨季、鹿島はアジア・チャンピオンズリーグを初制覇した。このタイトルがチームにとって通算20冠目。燦々と輝く金字塔は、常にトップを争ってきた常勝軍団の証と言えるだろう。 そうした勝者のメンタリテ... 続きを読む

青森山田の和製エムバペが開幕戦で痛感した力の差。途中出場で1得点も終盤に交代...

 出場時間は21分。限られた出番で残したインパクトは強烈だった。  4月7日に行なわれたU-18高円宮杯プレミアリーグEASTの開幕戦。昨冬の選手権王者・青森山田は同準優勝の流経大柏を2-0で下した... 続きを読む

【新連載・東京2020】小川航基/中編「何度でも這い上がる――U-20W杯で負った大怪我を乗り越えて」

 2020年に開催される東京五輪。活躍が期待される注目株の生い立ちや本大会への想いに迫る新連載だ。 記念すべき1回目は、世代きっての点取り屋・小川航基が登場。桐光学園高ではキャプテンとしてチーム... 続きを読む

生粋のFWがコンバート。清水ユースの川本梨誉が描く未来予想図、理想像が安西幸輝のワケ

 サッカーには様々な役割がある。ゴールが求められるFW、守備の要を担うCB。システムによってタスクや名称は変わり、現役引退するまでにひとつのポジションだけをまっとうする選手はほとんどいない。  現... 続きを読む

【高円宮杯U-18】朝岡前監督からバトンタッチ! ”新生”市立船橋のキーマンはJ注目の新10番!!

 冬の高校サッカー選手権大会を5度、夏のインターハイを9度、前身のU-18高円宮杯全日本ユース(現在のプレミアリーグ)を1度。市立船橋は高校三大大会を合計で15回制し、2種年代のサッカーシーンを... 続きを読む

名波浩、中村俊輔の系譜を辿る磐田U-18の10番、清田奈央弥の経歴とプレーが面白い!

 中盤の底からロングレンジのパスをいとも簡単に左足でサイドに蹴り込む。その姿は、現在トップチームで監督を務める名波浩や10番を背負う中村俊輔に通ずる。そんな逸材が現われた。磐田U-18の清田奈央... 続きを読む

衝撃のハットトリック――。尚志のプロ注目FW、染野唯月がプレミアリーグ開幕戦で示した成長の跡

 衝撃のプレミアリーグ初陣だった。  8年ぶりに高校年代最高峰のプレミアリーグEASTに臨む尚志は、柏U-18を3-0で撃破。その立役者となったのは、Jスカウトが熱視線を送る点取り屋・染野唯月(3... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ