【J1採点&寸評】G大阪1-0湘南|MOMは攻守両面で質の高さを見せた元日本代表MF。湘南はガンバ以上の好機を作るも…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年11月11日

G大阪――序盤は湘南の勢いに押されるもキーマンが実力を発揮

MF
15 今野泰幸 6.5
立ち上がりは湘南の勢いにばたつくも、要所はしっかりと締めた。後半は、効果的なパスも繰り出し、決勝点の場面では米倉をパスで走らせる。
 
50 小野瀬康介 5.5
ハードワークだけでなく、戦術眼の確かさも見せた。後半は中に位置を取り、米倉の攻撃参加を促すのも狙い通り。後半のチャンスは決めたい。
 
FW
9 アデミウソン 6
自陣で何度かロストはあったが、苦しい時間帯に単独で迫力あるカウンター。ファンの動きも視界に入れ、パスも出していた
 
11 ファン・ウィジョ 6.5(86分OUT)
得意のカットインも山根に封じられ、シュートをふかす場面もあったが、それでも決勝点を叩き出すのは見事。
 
交代出場
DF
6 初瀬 亮 5.5(74分IN)
急遽の出場も無難にこなし、守備で破綻はなし。攻め上がりも見せたが、クロスの精度はもっと高めたい。
 
FW
39 渡邉千真 -(86分IN)
逃げ切りの時間帯で、時間を前線で作る役割を託されたが劣勢の展開であまりボールに絡めなかった。
 
FW
19 一美和成 -(90分IN)
アディショナルタイムにカウンターで抜け出すも、逆サイドのアデミウソンに出せず。判断が早ければ決定機になっていたはずだ。
 
監督
宮本恒靖 6.5
後半にギアを上げられるチーム作りは見事。先手を取った後も決して引くことのないカードを切り、見事に8連勝で残留を確定させた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ